エジソン

トーマス・エジソンの名言集

傑出した発明家として知られ、生涯におよそ1,300もの発明と技術革新を行った人物である。

たとえば蓄音器、白熱電球、活動写真である。

エジソンはJ・Pモルガンから巨額の出資・援助をしてもらい、Edison General Electric Company(エジソン・ゼネラル・エレクトリック、現・ゼネラル・エレクトリック=GE)を設立した。

GEは電球などの家電だけでなく、発電から送電までを含む電力系統の事業化に成功した。

エジソンは合計14の会社を設立している。

エジソンは様々の異名を持ち、しばしば「発明王」と呼ばれている。

また、研究所が置かれたニュージャージー州メンロパークにちなんで「The Wizard of Menlo Park(メンロパークの魔術師)」とも呼ばれた。

メンロパークは、今ではエジソンと改名している。

リュミエール兄弟と並んで「映画の父」とも言われている。

このほか、自らの発明の権利を守るため訴訟を厭わなかったことから「訴訟王」の異名も持つ。

View this post on Instagram

今日は、トーマス・エジソン氏の名言をご紹介します!😊 すべて見たい方はプロフィールリンクよりどうぞ…! ーーー 傑出した発明家として知られ、生涯におよそ1,300もの発明と技術革新を行った人物である。 たとえば蓄音器、白熱電球、活動写真である。 エジソンはJ・Pモルガンから巨額の出資・援助をしてもらい、Edison General Electric Company(エジソン・ゼネラル・エレクトリック、現・ゼネラル・エレクトリック=GE)を設立した。 GEは電球などの家電だけでなく、発電から送電までを含む電力系統の事業化に成功した。 エジソンは合計14の会社を設立している。 エジソンは様々の異名を持ち、しばしば「発明王」と呼ばれている。 また、研究所が置かれたニュージャージー州メンロパークにちなんで「The Wizard of Menlo Park(メンロパークの魔術師)」とも呼ばれた。 メンロパークは、今ではエジソンと改名している。 リュミエール兄弟と並んで「映画の父」とも言われている。 このほか、自らの発明の権利を守るため訴訟を厭わなかったことから「訴訟王」の異名も持つ。 ーーー #Meigenbot #めいげんぼっと #トーマスエジソン #トーマスエジソンの言葉 #名言 #格言 #悩み #人生 #迷い #スッキリ #幸せ #心 #心理 #深層心理 #好調 #不調 #スポーツ #自己啓発 #ビジネス #勉強 #宗教 #名言シリーズ #名言セラピー #恋愛 #恋愛ポエム #恋愛相談 #thomasedison #innovation #イノベーション Photo by Wikipedia

A post shared by Meigenbot / めいげんぼっと (@meigenbot_official) on

なぜ成功しない人がいるかと言うと、それは考える努力をしないからだ。ほとんどすべての人間は「もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だ」という所までいきつき、そこでやる気をなくしてしまう。いよいよこれからだというのに。不満は進歩するために一番初めに必要なもの

絶えず変化を求める気持ちと不満こそが、進歩するために最初に必要となるものである。

「時計を見るな」これが私の、若い人々におくりたい、ただ一つの言葉である。時計は必需品ではあるが、仕事をしている最中、研究をしている最中に時計を見るようでは、良い仕事は出来ない。

技術的に優れているだけでは、優れた発明ではない。他人が欲しがる技術が優れた発明なのだ。つまり重要なのは、有用性だ。有用性を持った発明をつくりださなければならない。

ほとんどの人が機会を逃してしまうのは、その機会が作業服をまとって、いかにもありきたりの仕事に見えるからだ。

一日8時間労働制に感じた危機感は、労働時間の不足などではない。働くということが、ただの決まりきった作業になってしまうということだ。

成功というものは、その結果ではかるものではなく、それに費やした努力・時間の統計ではかるものである。

発明のためには、優れた想像力とがらくたの山が必要だ。

問題は君の考え方の方にあるんだよ。自然界の秘密を解き明かすのに、人間の理性に頼っていては駄目だよ。大事なことは、君の頭の中に巣くっている常識という理性を綺麗さっぱり捨てることだ。尤もらしい考えの中に新しい問題の解決の糸口はない。

決して時計を見るな。これは若い人に覚えてもらいたいことだ。

もし我々が自分にできることを全て実行すれば、自分自身に対して文字通りびっくりすることだろう。

我々の最も大きな弱点は、諦めることにある。成功するための最も確かな方法は、常にもう一度だけ挑戦してみることだ。

何があっても支えてくれた母がいたから、いまの私がある。母だけは何があっても、あるがままの私を理解してくれた。どんなに苦しいときでも、母を喜ばせたくて私は努力を続けることができた。すべて母のおかげだ。

朝7時に起き、夜11時に就寝すれば、たっぷり16時間ある。大抵の人は一日中なにか仕事をしている。ただ一つ違うのは、彼らの仕事は非常に多岐にわたり、私はたった一つの仕事に全てのエネルギーを集中する点だ。眠ることは時間の浪費に過ぎない。

私は売れないものは発明したくない。需要は実用性を立証するものであり、実用性こそ成功である。

チャンスは衣を被ってやってくる。だから見逃してしまうのだ。

あらゆるものには輝くダイヤが隠されている。磨けば光る。

待っている間もがんばる人にすべてのものはやってくる。

私は実験において失敗など一度たりともしていない。これでは電球は光らないという発見をいままでに、2万回してきたのだ。私は一日たりとも、いわゆる労働などしたことがない。なにをやっても楽しくてたまらないから。

失敗すればするほど、我々は成功に近づいている。

世の中の人の生活に必要不可欠であること。これが実用性があるということなんだ。

どんな機械でも同じだが、具合が悪くなったときに、無理やり油を注いでも効果はない。悪くなった油を全部出してしまうのが先だ

命令を質問の形に変えだけで、気持ちよく受け入れてもらえるだけでなく、その人の創造性も発揮される。

99%の汗ばかり強調されている…99%の汗が実るのは、1%の閃きを大切にしたときなのだ。

人生において、私は一日たりとも労働したことがない。何をしても、楽しくて仕方なかったのだから。

完璧だと思っても、もうひと押しすれば、おまけが手に入る。

一度歩き出したら、とうてい乗り越えられないと思える障害物があっても立ち止まってはならない。

最高の思考は、一人の時に生まれ、最低の思考というのは、混乱の中から生まれる。

私は耳がよく聞こえない。でもそのために不利になったことはない。むしろ雑音が聞こえなくなって、集中力が増してよかった。

一所懸命に働いているものには、決して歳をとるということはない。私は、自分の葬式の日をもって、人生からの引退の日とする。

私は運なんて信じちゃいない。幸運も不運もだ。たいていの連中は何回か試すと諦めてしまう。だがこの私は狙った結果が出るまでは絶対に諦めない。

幸運は、チャンスと準備が一致したときに実現する。

あらゆる進歩、あらゆる成功は、考えることから生ずる。

待っていれば全てがやってくる。ただし、懸命に努力しながら待っていればの話だけどね。

前進あるのみだ。全力でやれるだけのことをやってみなさい。

ほとんどの人がチャンスを逃す理由は、チャンスは作業着を着て、大変そうに見えるからだ。

ほとんどの人の弱点は、ほんの1、2回の失敗でやめてしまうことなんだ。わたしは自分が求めるものを手に入れるまで、決してあきらめるようなことはしない。

ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行きつき、そこでやる気をなくしてしまう。勝負はそこからだというのに。

すべての進歩、そしてすべての成功は、考えることから始まる。

人が後世に熱狂的な精神を伝えることができたとしたら、それは無限の価値がある財産を残したことになる。

私たちの最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。

君は道理にかなったことばかりを試してきた。理屈通りのことなど役に立ったためしがない。幸い君はもう理屈にかなうことを思いつかないわけだろ、だったら今度は筋の通らないことを試してみることだ。そうすればすぐに解決法が見えてくる。

親が子供の心に情熱を残してあげることができたら、それは最高の形見になるだろう。子供は素晴らしいエネルギーをもって人生に取り組むことができるからだ。

成功のために汗も努力も欠かせない。だが無目的の努力だけでは大海をさまよう小船のごとく、あるいは密林の中を迷い続ける迷子のようにいつか力尽きる。ときどきでいい、閃きを考えてみてくれ。それが羅針盤となって方向を示してくれる。

失敗なんかしちゃいない。うまくいかない方法を七百通り見つけただけだ。

「失敗?」これはうまくいかないということを確認した成功だよ。

困るということは、次の新しい世界を発見する扉である。

時の経つのも忘れて、ある一つのことに熱中できる人は、必ずや何かを成し遂げるだろう。

世の中の誰もが納得するような、常識的な考え方をしていたのでは、新しいものなど作り出せはしない。

わたしの人生が、一日八時間労働で成り立っていたとしたら、こんなに多くのことを成し遂げることは、出来なかっただろうね。

機械は生活を便利にした。将来はもっと便利になるだろう。しかし、用心しなくては人間が機械に使われるようになってしまう。

売れないものは発明したくない。売れることが実用性の証明であり、実用性が成功を意味する。

私は一日たりとも、いわゆる労働などしたことがない。何をやっても楽しくてたまらないからだ。

ここには規則なんてものはない。何かつくればいいんだ。

私にとって仕事は楽しみだ。義務と思ったことは一度もない。自分が楽しいと思ったことをさせてもらったので義務ではない。人間にとって、考えながら働くことほど楽しいことはない。楽しいから疲れるわけがない。

私の言葉が誤解されてしまったようだ。99%の汗ばかり強調されている。汗を流せば何でも成功すると思うのは間違いだ。私は1%の閃きといったはずだ。1%の閃きを無視してはならない。

1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄である。

私を天才と呼び、成功者というのは当たらない。何もかも精一杯の努力をしただけだ。

困難な苦しいとき、私は気分を変え、人一倍働いた。

一生懸命働くこと。これに代わるものは何もない。

いちばんいけないのは、あきらめること。成功するためには、とにかくもう一度チャレンジしてみればいい。

最上の思考は孤独のうちになされ、最低の思考は騒動のうちになされる

成功のために何より必要なのは、心身のエネルギーを一つのことにうまずたゆまず注ぐことである。

手に入れる価値があると判断したら、私はそれを手に入れるまで何度も何度も挑戦する。

心配を紛らわすには、ウイスキーより仕事のほうが役に立つ。

価値ある仕事をやり遂げるための必要条件は三つある。第一に勤勉、第二に頑張り、第三に常識である。

人間は思考する努力を省きたいために、ありとあらゆる方便に頼ろうとする。

失敗したわけではない。それを誤りだと言ってはいけない。勉強したのだと言いたまえ。

人間の最大の弱点は諦めてしまうことである。成功するための最も確実な方法──それはもう一度試みることである。

わずか1%のインスピレーションが、99%の努力を苦なくさせる力を持っている。

成功に不可欠なのは、肉体的にも精神的にも疲労を溜めずに、ひとつの問題にエネルギーを注ぎ込める能力である。

今取り組んでいることに関心を持ち、全力を傾けてそのことだけを考える。時計を気にせず、ひたすら続け、休みたくなったら必要なだけ休む。休んだあとは、また同じ集中力で作業に取り組む。熱心に働くことの価値と満足感を知っている人に世間は高い評価を下すものだ。

成功できる人っていうのは、「思い通りに行かない事が起きるのはあたりまえ」という前提を持って挑戦している。

私はこれまで、偶然のひらめきで、価値ある発明をしたことなど一度もない。全ての発明というのは、その発明に関わった人の想像を絶するような熱意が注ぎ込まれているものなんだよ。

もちろん、生まれつきの能力の問題も、まったく無視はできない。それでもやはり、これはおまけみたいなものだ。絶え間なく、粘り強く努力する。これこそ何よりも重要な資質であり、成功の要といえる。

できる限り考えて、努力して仕事にかかれば、失敗からでも多くのことを学ぶことができるのである。

人間の理性などに頼ってはいけない。まずは、頭の中を硬直させる常識という理性を、丸ごと捨ててしまいなさい。

あなたが普段行っている方法よりも、もっとよい方法がかならず存在している

一心不乱に働くこと。これが気分転換には最高なんだよ。

首から下で稼げるのは1日数ドルだが、首から上を働かせれば無限の富を生み出せる。

人から批判されることを恐れてはならない。それは成長の肥やしとなる。

われわれは何事についても1パーセントの100万分の一も知らない。

私が成功することができたのは、仕事場に時計がなかったおかげである。

私は耳が悪かった。だから、蓄音機を発明できたのです。

1枚のお皿を落っことしたら、100個位のかけらになってしまった。そのかけらを100個、糊でくっつけたら、1足す1足す…100回足しても、1枚のお皿になるじゃないの。何故、1足す1は、2なんですか。

それは失敗じゃなくて、その方法ではうまくいかないことがわかったんだから成功なんだよ。

朝6時に起き、夜中の2時まで働くこと。これを最初に描いた図面が形になるまでやり続けるのだ。すぐにはうまくいかなくても、睡眠時間を減らし、起きている時間は精魂こめて働くようにする。このルールを守れば、発明家として成功できるだろうし、もっと言えば、どんな分野においても成功できる。

人間離れした天才だって?人間離れなどしていない。私はあきらめないことの天才なのだ。

私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。

多くの人によって、チャンスが見過ごされるのは、それが作業着を着ていて、骨の折れる仕事のように見えるからだ。

もし人間が持てる能力のすべてを発揮したとしたら、人間は自分自身に対して文字どおりびっくり仰天してしまうだろう。

わたしは、決して失望などしない。なぜなら、どんな失敗も、新たな一歩となるからだ。

私を天才だと言う人がいるが、それは違う。みんなが自分の力をあらゆる方向に分散させているのに対し、私は全てのエネルギーをひとつの仕事に集中しているだけなんだよ。

発明家に必要なのは、自分が発明したいものが、人類にとって必要かどうか。その判断さえ出来れば十分なんだよ。

わたしは、一日八時間労働制に反対するつもりはない。しかし、アメリカの勤勉な若者たちまで、怠け者と足並みそろえることになるルールをやみくもに認めるのはどうだろうかと思っている。

わたしの人生哲学は、仕事をすること。自然界の秘密を引き出し、人類の幸せのために応用するのだ。われわれがこの世にいる短い間にできるこれ以上のサービスは、他にないだろう。

最初のひらめきが良くなければ、いくら努力してもダメだ。ただ努力だけという人は、エネルギーを無駄にしているにすぎない。

さらによい方法があるはずだ。それを見つけよ。

成功に不可欠なのは、自分の力を一点に集中することである。

私は今まで、ちょっとした偶然で何か値打ちのある事を成し遂げたこともないし、私の数々の発明のどれも偶然に成されたものはなかった。それはただ働くことによってできたものである。

良いアイデアは、体を動かすことから生まれる。

人生に失敗した人の多くは、諦めたときに自分がどれほど成功に近づいていたか気づかなかった人たちだ。

一生懸命努力することに勝るものはない。

作ったものが計画通りに機能しないからといって、それが無駄とは限らない。

寝るのはバカだ。みんな寝すぎだ。私は死んだ後たっぷり眠る。

発明とは、それが人類にとって本当に必要なものなのかを判断する能力である。

待っていればすべてあちらからやって来ると言われるが、やって来るのはどんどんやる人間が残したものばかりだ。

完全に満足しきった人がいたら、それは落伍者だ。

成功者とは、どんな不幸にも屈せず、逆境を有利な状況へ転化する術を心得ている。

わが社には失敗という言葉はない。最初のうちは、うまくいかなかったり、暗礁に乗り上げたりすることもあるが、我々は常に失敗から学ぶようにしている。これまで2万5千通りの試みをしてきたが、これは別の見方をすれば、蓄電しない方法を2万5千通り発見したということでもある。成功の日は近いだろう。

もし自分にできることをすべて実行すれば、その結果に文字通り、びっくり仰天することだろう。

成功しない人がいたとしたら、それは考えることと、努力すること、この二つをやらないからではないだろうか。

私の発明は、すべての人にとって役に立つ物でありたい。そして、世界の平和に貢献するような物でありたい。もし私の発明で一人でも人が死んだとしたら、私には人生を生きる意味も資格もない。

私は、ひとたび自分が正しいと思う道を歩きだしたら、ゴールに到達するまでペースを崩さない。

世の中が必要としているものを、つねに探せ。

商品に出来ない技術は、あっても意味がない。

幸せは、財産、地位、職業などで決まるものではない。その人が何を幸福と考え、不幸として考えるかで決まるのだ。

不平があるというのは、進歩に向かうための大前提ではないか。

悩み事を癒すには、ウィスキーより仕事の方がずっといい。

われわれが何かを成し遂げようとしているとき、ルールなどない。

まず世界が必要としているものを見つけ出す。そして、先へ進み、それを発明するのだ。

ここにコップが一つあって、もう一つコップがあって、その中の水をもう一つ別のコップに一緒に入れたら、一つになるじゃないですか。1足す1は、1かもしれない。

作り上げたものがうまく機能しなくても、それを無駄な物だと決めつけてはいけない。それは次の一手になる。

わたしは発明を続ける金を手に入れるために、いつも発明する。

私は今までに一度も失敗をしたことがない。電球が光らないという発見を今まで二万回しただけだ。

より良い方法は、常に存在している。

こんな大きな火事にお目にかかる機会はめったにないから、じっくりと見ておくがよい。

すべては、待っている間に頑張った人のもの。

もし両親が、子供の心の中に「情熱」を残してあげることができたら、それは貴重な財産になるに違いない。

私は正規の教育を受けられなかった。学歴はゼロなんです。だから、発明家として成功したのでしょう。

いつでも必ず、もっとよいやり方がある。それを探せ。

チャンスがドアをノックしてもほとんどの人が気づかないのは、チャンスがたいてい作業服を着ていて、骨の折れる仕事のように見えるからだ。落ち着きのなさや欲求不満は、進歩にとって最初の必要不可欠なものである。

私は何も発明していない。私の夢が発明したのだ。

悩みの解決には、仕事が一番の薬だ。

いつでも普通の感覚を失わなければ、困ることはない。

権威ある本といっても、すべては人の書いたものだ。

それは私が学校に行かなかったからです。

天才とは、1%のひらめきと99%の努力である。

もし自分が正規の教育を受け、一流大学の学士あるいは博士の資格を持っていたならば、きっと理論に自信を持っていたに違いない。理論に自信があれば、2つのものをつなげたら何が起こるか、理論で結果を想定するだけで、何もしなかっただろう。だが幸か不幸か、私は何の学歴もない。だから、何でもやってみなければ分からないではないか。それで私は何でもつなげてみた。そうしたら、信じられない面白いことがいっぱい起きた。それが私の発明の秘訣だ。

頭は筋肉と同様、鍛えるほど強化される。

商品にならぬ技術は役に立たない。

自分は毎日、18時間働くことにしている。

Meigenbot

Meigenbot運営👍

Comments are closed