モーツァルト

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの名言集

音楽は自らの人生であり、人生は音楽である。このことを理解できない人は、神に値しない。

他人の賞賛や非難など一切気にしない。自分自身の感性に従うのみだ。

多くのことをなす近道は、一度にひとつのことだけをすることだ

音楽においてもっとも不可欠でもっとも難しく、主要な事柄はテンポだ。

良く喋り、能弁であることは、偉大な技術であるが、喋るのを止める適切な時を知ることも、同様に偉大な技術である。

僕は貴族ではないが、貴族にもまさる高貴な心をもっている。人間を高めるのは、身分ではなく、心だ。

高尚な知性や想像力、あるいはその両方があっても天才の形成に至りはしない。愛、愛、愛。それこそが、天才の神髄である。

もう最期の時が告げているのを感じます。・・・自分の運命は変えられません。何ごとも摂理の欲するとおりになりましょう。…。

結婚したらいろいろ分かってきますよ。いままでは半分謎だったことが。

ともあれ、われわれはここからまだ何かを学び取ることが出来る!

私は生涯で一度も独創的なメロディーなんて作ったことがない。

夢を持つことです。ただし、多く持ちすぎてはいけません。

音楽は決して耳ざわりであってはならない。むしろ耳を満足させ楽しみを与える、つまり常に「音楽」でなくてはならない。

望みを持ちましょう。でも望みは多すぎてはいけません。

誰のどんな褒め言葉も非難も気にすることはない。私はただ自分の感性に従うだけだ。

望みを持とう。でも望みは多すぎてはいけない。

オリジナルな曲を書こうなんて、これっぽちも考えたことはない。

音符が音楽なのではありません。音楽は音符と音符の間にあります。

この男に注意したまえ!彼は将来、ウィーンを騒がせるすばらしい音楽家になるだろう。

あなたはいい人だ。大きくなったらお嫁さんにしてあげる。

技巧を駆使していないかのように、演奏が単純で容易に見えるような繊細なテクニックが演奏者には必要だ。

尊貴な学位も想像力も、その両方を足したものも、天才の誕生には至らない。愛、愛、愛。それこそが天才の神髄なんだ。

死が真の幸福への扉を開くカギであると学ぶ機会を与えてくださった神に感謝いたします。

もし、自分が今までにからかった人間と結婚せざるを得ないなら、少なくとも200人の妻がいるはずだ。

相手の振る舞いに合わせて、わたしも彼らに接している。わたしを見下し、小ばかにする人がいれば、わたしは得意満面に振る舞うだろう。

わたしの見解では、未婚の男は人生を半分しか楽しんでいない。

本当にわたしは怠けることが嫌いで、働くことが好きなんだ。

わたしは見事な絵画や美しい彫刻を見るように、一目でその曲を見渡すことが出来ます。

いつ、どのようにやってくるのか、私にはわかりません。

雄弁に語ることは芸術にとってとても大切なことです。しかしそれと同じぐらい語らないことも大切なのです。

天才を作るのは高度な知性でも想像力でもない。知性と想像力を合わせても天才はできない。愛、それこそが天才の魂である。

私は人の賞賛や非難をまったく気に留めない。ただ自分の感じるままに行うんだ。

人生とはこれ汚濁であり、これを洗浄する行為だ。

自分の値打ちを下げてはいけない。それが特に大切なポイントだ。さもないと君は終わりだ。もっとも生意気な人間に絶好のチャンスがある。

馬車で旅をしているときや食後の散歩中、あるいは眠れない夜。そんな時にアイデアが最も豊富に湧き出てくるのだ。

夢を見るから、人生は輝く。

新しい喜びは、新しい苦痛をもたらす

金持ちは友情というものをまったく知りません。とくに生まれたときからの金持ちは。

旅をしない音楽家は不幸だ。

わずかの違いを大切に。

みなさんが私に認めてくれる才能は、あるお守りのおかげだと思っています。そのお守り、それは勉強です。

死は我々の人生の真の最終目標ですから、僕は数年来、この人間の真実にして最上の友と昵懇になるよう心しています。それで僕にとっては、死を思うことが少しの恐れも伴わないばかりか、深い慰めと安らぎを心にもたらすようになりました。死がまことの幸福への鍵と見極めるための幸運と機会をくださった神に感謝しています。

私達の財産、それは私達の頭の中にあります。

わたしは何事も最後までやり遂げる人間だ。

Meigenbot

Meigenbot運営👍

Comments are closed