松井秀喜

松井 秀喜の名言集

ぼくは階段を少しずつのぼっていくタイプだと思っているんです。

人生も野球も、失敗そして後悔の連続です。

大事な試合で打てるのは、運というか、星というか、偶然ではないものを感じます。だから、僕は神様の存在を信じちゃうんです

外国人選手のように肩が強くなければ、捕ったらすぐに投げればいい。脚力が劣れば、スタートの第一歩をどうするかを考えたらいい。自分は何で勝負出来るかを考えることによって、活路が見いだせるはずです。

野球というスポーツの素晴らしさを子供たちに伝えていきたい。そのためにも、大きなホームランを打ちたいんです。

打撃というのは相手投手、場面によって変わってくる。常にニュートラルな位置にいて、投手に向かっていくようにしています。だから、たとえ良い打撃をしても、その感覚を次の打席も続けようとは思いません。良かったことを忘れることも大切なんです。

一生懸命に練習すれば、必ずいい結果が出ると信じているんです。

一度のミスも、スランプもない野球選手など、絶対にいません。プロ野球選手として成功してきた人々は、才能だけではなく、失敗を乗り越える力があるのだと思います

自分にコントロールできないことは、いっさい考えない。考えても仕方ないことだから。自分にできることだけに集中するだけです。

僕は、生きる力とは、成功を続ける力ではなく、失敗や困難を乗り越える力だと考えます。

ぼくの座右の銘は「一日一生」ですから。

監督、申しわけありません。どうしても夢を捨てきることができません。メジャーリーグに行かせてください。

僕は野球に対してだけは、どんなことがあってもこれが好きなんだ、夢をかなえたいんだという思いを持ち続けてきました。

悔しさを露にすれば、自分の心が乱れます。自分の心が乱れれば、次にど真ん中の好球が来たとしても打てません。

僕が心がけていることは、いつも同じように準備をし、平常心で打席に向かうことです。打ちたいという気持ちが強ければ強いほどホームランが打てるなら、いつも打ちたいと念じますよ。

ヤンキースを選んだのは、あえて自らを厳しい状況に追い込み、自分の潜在能力を引き出したいと思ったからです。

どんな道でも、進んでいけば嫌なことはいっぱいあります。それでも、逃げないことだと思います。

骨折してバットを振れない時期、ファンの皆さんから頂いた手紙やメールが、どれほど僕の励みになったか分かりません。言葉には大きな力があることを、痛感しました。

苦しみやつらさこそが、生きている証ではないでしょうか。今、自分がすべきことは何なのかを正確に受け入れ、それを補う努力をしていくしかないと思っています。

長嶋監督には一度も褒められたことがありません。

大型契約で強い責任を感じております。それが、ぼくの力に変わると思っていますし、100%の力を出す自信はあります。

飛び抜けて良い成績を残しているんだったら、ある程度は納得できる部分があるかもしれないけれど、僕は自分の成績に満足することがないんです。

僕を落としたことを後悔させるような活躍をしてみせます。

だって、カメラやペンの向こうにファンがいるじゃないですか。僕は、球団からではなく、ファンからお金をもらっていると思っているんです。

毎日、毎日、二人きりで練習に付き合ってくださり、ジャイアンツの4番に必要な心と技術を教えていただきました。また、その日々が、その後の10年間アメリカでプレーした私を大きく支えてくれました。そのご恩は生涯忘れることはありません。

石川県根上町の少年野球チーム、根上中学、星稜高校、巨人軍。これまで自分が所属してきたチームを誇りに思ってきた。

いつか現役を引退するとき、左手首を見つめて「おい、あのとき骨折してよかったよなあ」と語りかけてやりたい。

神様は頑張った人や苦しんだ人に、最後は微笑んでくれる。神様は楽をしている人、楽をしていい結果を残そうとしている人、投げやりになっている人には、最終的には微笑まないと思います。

高校時代もジャイアンツにいた頃も走って、自分でスイングして自分のバッティングを作ってきた。必ずその過程を踏まなくちゃ、自分のいいものは出せない。

僕は変化というのは自分からは求めていません。求めていかなくても変わるところは変わっていくでしょうし。こっちのやり方がダメならあっちの方という考えはないんです。

悔しさは、それに耐えられる人間にしか与えられない。

力を出し切ればおのずと良い結果を生むと思います。

自分が野球をしていられることが、平和であることだと思っています。

東洋人特有の柔らかさとか、しなやかさを失いたくないんです。

僕はプロ野球選手として、多くの人に勇気や希望を与えたいと願っています。悩み苦しんでいる人が、僕のプレーを見て勇気を持ってくれれば、これほど幸せなことはありません。選手にとっては、プレーこそがファンの方へのメッセージです。プレー以上のメッセージはありません。

これまでの人生のなかで、「ああ、つらいな」と思ったことは、まだ一度もありません。

なんとかなるものであれば、解決しようと知恵も絞りますが、自分の力でどうにもならないものについては、あれこれ考えません

僕のわがままを許してもらえるか分かりませんが、決断した以上、命をかけて頑張りたいと思います。

サッカー、相撲に小さい子供たちの心が動いています。自分はファンや小さい子供たちに夢を与えるプレーヤーになるよう一生懸命頑張っていきたい。

野球というスポーツのすばらしさを次の世代に伝えていくのが自分の仕事だと思っています。そのためにも、ホームランだけではなく、全力でプレーし、ファンにアピールする選手であり続けたい

いよいよという気持ちです。楽しみと同時に、すごく興奮しています。

これまでの本塁打とはちがいます。打った球場がちがいます。333本目ですが、今日が一本目という感じです。

チームの勝利が僕にとって一番大切です。でも自分が打てなくても誰かが打って勝ったんだからそれでいいという考えは間違っている。

「僕らはプロ。結果が出なければクビ」です。結果を出すことが何よりも求められます。そして僕にとっては、結果を出すための何よりの近道が、チーム最優先の打撃をすることなのです。

困難に直面したとき「今、自分にできることは何か」と自問します。悔やみ、落ち込むしかないのでしょうか。多くの場合、そんなことはありません。きっと前に進める選択肢があるはずです。

受け入れることは勇気が要ることです。正直言えば辛い。辛いのだけれど置かれた状況やありのままの姿を受け入れなければ前に進めないし、問題も解決しません。

誇りを持つ人が多い組織ほど、ここぞという場面で強いような気がします。

僕もヤンキースの誇りを持って生きています。そしてこれは、自分を支える財産にもなっています。

野球というスポーツは、3割を打てば一流選手になります。つまり、一流選手でも、残りの7割は凡打しているわけです。僕は、この7割の失敗をずっと生かそうとしてきました。

個人記録というのは全く考えませんね。皆さんが話題にされるのは分かりますが、自分が関心を持つことはない。

パワーで遠くへ飛ぶのなら、プロレスラーやお相撲さんが遠くへ飛ばせるはずです。インパクトの際、ボールに最大限の力を加えられる技術があるからこそ遠くへ飛ばせるんです

終わりはないと思うんです。一つ何かをクリアしても、その先にはまた一つ新しいテーマがある。

調子が悪くなったときも、絶対に前の感覚を思い出そうとするのは嫌なんです。そう思った時点で、それは後戻りですから。

わたしはこの賞をいただき、大変、大変、光栄でありますが、同じくらいの気持ちで恐縮をしております。わたしは王さんのようにホームランで、衣笠さんのように連続試合出場で、何か世界記録をつくれたわけではありません。長嶋監督の現役時代のように、日本中のファンの方々を熱狂させるほどのプレーができたわけではありません」今後、偉大なお三方の背中を追いかけ、日本の野球の、そして野球を愛する国民のみなさんの力に少しでもなれるよう努力をしていきたいと思います。

その日、その日の、ベストを尽くしていきたい。

ジャンプをする前には、体を縮めます。そうした準備行動をしなければ、決して高く飛び上がることはできません。「今は、体を縮めてジャンプの準備をしているんだ」と自分に言い聞かせ、我慢の生活を、できるだけ明るい気持ちで過ごしました。

いいことも、悪いことも、すべてが財産です。前を見据えるという意味ではね。すべてを検証して、次の目標を立てる。それがオフシーズンの作業のひとつです。

そうしたことをくよくよ考えるのは時間と労力の無駄だし、精神的にもあまりよいことではないと思うのです。

これから厳しい戦いが続くけど、自分が選んだ道だから何の後悔もない。

先生にご挨拶しないと、田舎に帰ってきた気がしません。

日本海のような広く深い心と白山のような強く動じない心僕の原点はここにあります。

人生とは幸と不幸が交互にやってきます。だから、僕は「人間万事、塞扇が馬」ということわざが好きなんです。

どういうことを言われても自分のプレースタイルは変えられません。

最終的には個人の能力だと思います。本人だどう感じ、どう工夫していくかという。日本にも、メジャーにも、いろんな教え方がありますが、自分のものにしていくやり方はそれぞれ違います。ハッキリ言って、合う合わないも含め、選手の能力なんです。結果が出る選手は、合うといわれる。反対に、力を出せない選手は合わないということになる。すべてが選手の能力なんです。

他の日本人選手に先を越され、悔しいという気持ちはありません。それより、自分たちが勝てなかったことの方がよっぽど悔しいです。

どんな状況であれ、常に自分ができることを精いっぱいやることが大事だと思っています。

絶対に、前よりすごい選手になって戻ってやる。

残念ながら過去に戻ることはできません。しかし、未来の自分はコントロールできます。それならば、前に向かうしかありません。

悔しさを露にして得することなど何もないのです。逆にグッとこらえていれば次に生きることもあります。

何番でもかまいません。僕はそこでベストを尽くすだけです。

今は実感がないけど、何年か先には思い出の一本になると思う。

今は何をいっても「裏切り者」と思われるかもしれませんが、いつかは、松井が行ってよかったなと思ってもらえるように頑張りたい。

ここには、かつてベーブ・ルースが立っていたんだなぁって、きっと思うでしょうね。楽しみですね、足を踏み入れるその瞬間が。

三年間が終わってしまったんだと思ったら、ふと涙が出てきました。

努力しなければ人並みにもなれない。

逃げないことじゃないですか。好きだと思えることからは。

腹が立ったり不満が出てきたりするのは仕方がありません。思ってしまうのだから、自分にも止められない。でも、口に出すか出さないかは、自分で決められます。そこに一線を画した方が自分をコントロールできるような気がします。

もっとピッチャーに対するむき出しの闘志が必要です

僕の活躍を楽しみにしてくれる人がいる。それがどれほど力になるか。

もちろん僕も人並みに悩みます。

打てないボールは、打たなくていいという諦めを持つには勇気が要ります

次の仕事も必要かもしれないけれど、自分にそのエネルギーが湧いてこないことにはどうしようもない

僕は才能はないけど、人よりも努力することはできる

僕にとって最高に幸せな一日になりました。

信頼という言葉が心の支えになりました。

終わった瞬間は、負けたという気がしませんでした

花よりも花を咲かせる土になれ。

努力できることが才能である。

ズルはできない、俺が見てるから

僕もがんばるから、君もがんばれ。

私が本気でお説教らしきものをしたのは一回だけです。子どものときではなく大人になってからです。プロ2年目の1994年オフ。日本シリーズで西武ライオンズを4勝2敗で倒し、日本一になり、故郷に凱旋したときでした。辺りが薄く暗くなった夕刻、家の前は報道陣とファンでごった返していきました。そこへ秀喜がタクシーに乗って帰ってきたのです。秀喜がタクシーを降り、周囲を一瞥し、手をあげた瞬間、私はドキッとしました。さりげない動作の中に天狗になってるというか、スター気取りというか、いやな雰囲気を感じ取ったのです。秀喜の瞳の中には明らかにおごりの光が宿っていました。その夜、わたしは秀喜に対し、言葉を選びながら初めてこんこんと思いを語りました。「主観的に自分を見てはいけません。客観的に立場を見なさい。周囲の人、たとえばマスコミやファンは野球選手として、バットマンとしての一面を見て、美化しているにすぎません。人間性とか、ほかの面で評価しているのではないのです。秀喜は自分では気付かないだろうが、あの態度は少し変だ。お父さんはまるで凱旋将軍のように感じられました。」。

日本に帰ってプレーする可能性はゼロじゃないと思います。たとえば、プレーを続けたいけど、メジャーの球団はどこも雇ってくれない。で、日本で契約してくれるチームがあり、なおかつ、僕がプレーを続行したいという意思があれば可能性はあります。もちろん、現時点では考えていませんが、将来的にはまったくないということはないような気がします。

Meigenbot

Meigenbot運営👍

Comments are closed