レディー・ガガ

レディー・ガガの名言集

わたしは役を演じているの。毎朝、役に成りきっている自分を見るのが好き。有名人に成りきるのが好きなの。

私は無名時代から大スターみたいな顔をして、通りを歩いた。みんなにも、まずは自分がどれほどビッグになれるかを妄想しながら歩いて欲しい。その後、その嘘を現実にするために毎日努力するの

ニューヨークのありとあらゆるクラブで演奏したわ。あらゆるクラブで演奏して、失敗して、その失敗のすべてを葬り去って。経験を積んだのよ、一生懸命。

あなたに影の部分があるなら、それは光が当たっている証拠よ

こんな不安は捨てるの。「テストでAは取れない」「グラミー賞は取れない」「ヒットチャートで1位を取ることもない」「スーパースターにはなれない」でもみんなはスーパースターよ。あなたは強く生まれた。

わたしが出ているどんなビデオでも雑誌でも、完ぺきに見えるよう手が加えられているわ。真実じゃないのよ。

自分自身を愛していなければ、結局幸せにはなれないのよ。

私はファッションに生き、ファッションを呼吸する。

このビデオを見ると涙が止まらなくなる。これが私が音楽をやっている理由。彼女は未来だわ。

いじめられ、からかわれても、自分を愛して、だってそれが、あなただから。

バリアなの。大きければ、大きいほど悪魔から自分を守ってくれるのよ。

奇妙なことだけど、私はもし誰かとセックスをしたら、私のアソコから創造性が取られてしまうのよ。私は永遠に孤独なの。

ニュースを聞いたときは、本当にショックを受け、何を考えたらいいのか、何を言ったらいいのか、本当に分からない状態でした。でも一番重要なのは、すぐに行動することだと思いました。

私は感謝状もプレゼントもいりません。私の皆さんへの愛は、無償の愛なんです。本当に、本当に、日本が大好きで日本に来たんです。でも、この感謝状は一生大事にします。

限界なんて最初から存在しないのよ。あると思い込んでいるだけ

憎しみや批判は無視するの。自分が信じるもののために生きて、死ぬまでそれを守り抜くのよ。

あなたは、唯一無二で、人と違って、あなたの進む道で輝いていなければいけません。

何かにつまずいて暗闇のどん底に落ちても、才能は消えないわ。ただ、見つかりにくくなるだけ。落ち込んだ時に、暗闇の中の小さな光を探すのよ。

Twitter、あんたのことも愛している。あんたもモンスター・ボールに参加すべきよ。

女性には、男を追う女性と、夢を追う女性がいます。男か夢、どちらを追おうと迷っているなら、覚えててちょうだい。キャリアはある朝突然「お前なんかもう愛していない」なんて言わないわ

はっきり言って私は男が苦手よ。今まで本気で好きになった男はひとりしかいない。彼は私がこの仕事をするのを嫌がった。だから別れた。心は傷ついたけど、おかげで自分が一番愛しているのは音楽だということに気づけた。

わたしは嘘つきよ。そしていつだって、それを実現したくてうずうずしている。わたしが思い描く夢。わたしがつく嘘。傘でも、帽子でも、口紅の塗り方でも、何でも構わないわ。だって結局それは現実になるのだから。

作品には「奥深さ」と「わかりやすさ」の両方が共存していなくてはいけないとわかってきたの。大切なのは、記憶に残ることよ。万人に受け入れてもらおうとは思わない。それがなに?わたしはそれでオーケーなの。

マドンナのことは本当に尊敬している、だけど私は第二のマドンナになりたいわけじゃない。私がなりたいのは、レディー・ガガよ!

寝るときはメークはしたまま。夢の中で会う男のためよ。

高校の時、友達はみんな将来Googleで働きたいって言ってた。けど、私はそこで検索される人になりたいと思ってたの。

わたしは物を食べ、眠り、呼吸をし、自分の作品を血の出る思いで少しずつ絞り出す。もし、自分がアーティストでなくなったら、きっと死んでしまうだろう。

Twitterをしている時に、キューティクルが柔らかくなりますように。手根管症候群になりませんように。

グラマラスな生活は、」ラグジュアリーな生活」とは全然違う。私はラグジュアリーとかいらないの。何年も貧乏だったけど、贅沢に憧れるようなことはなかったし、それでもグラマラスだった。そして今もそれは変わらない。

私はほんの少しのことで世界を変えられると、本当に思っています。私たちそれぞれが、ほんの少しだけ自分自身を変え、少しだけもっと親切に、もっと愛情を示し、もっと寛容になれたとしたら・・・私はかなり簡単に世界を変えることができると信じています。

今の自分になるために多くの努力をしてきた。

自分らしくあるために、そして自分の夢のために戦ってきた。

愛とはレンガのようなもの。それで家を建てることもできるし、死体を水に沈めることもできる。

自分に対する否定的な心を捨てるのよ。自分自身ではなく自分を怖気づかせる原因を作った人たちを否定するの。

ビッチ、あなたはレディー・ガガなのよ。起きて今日もやることをやりなさい。

私の美しいリトル・モンスターたち、フォローしてくれてありがとう。私のTwitter女王時代を築き上げてくれて感謝しています。

私は助けてあげたいし、勇敢でありたいし、もっと世界が寛容であってほしいのです。もっと受容的であってほしいのです。

自分が尊敬する人間の意見だけうを聞いてね。尊敬できない人間の意見は、あなたに対することだろうとなんだろうと無視するのよ。

私は今ここ、ステージの上に住んでいる。家なんて持ってない。そういうことにお金は使わないの。スーツケース1個で生きて、音楽とアートを創っている。

私たちの世代は新たな時代への心構えができています。だから私たちを取り巻く世の中もそうであってほしい。それは社会であり政治であり音楽・科学技術であり、すべてです。

決して、べーガンやベジタリアンの人たちを侮辱しているわけじゃないのよ。

素敵!これってオーガニック?

Twitterの女王レディー・ガガです。

私はステージ上でのみ生きている。

私にはいつだってビジョンがあるの。曲を書くときはいつも、どんな衣装を着て、どんな風に動いて、どんな歌い方をしようかって考えてるし、そのアイデアを曲にからめながら書いてる。だから単純に「歌」とは呼べないのよ。私はステージで棒立ちになって歌うわけじゃないから。

美とは嘘だわ。芸術を美そのものと思っているも多いけど芸術には少しの嘘が必要よ。外見の美も同じ自分を表現する嘘。

わたしは肉片ではないの。

愛に関しては、限界なんてないのよ。

ある意味、わたしは図書館の司書なの。

Meigenbot

Meigenbot運営👍

Comments are closed