フランクリン・ルーズベルト

フランクリン・ルーズベルトの名言集

あなたは生命を愛しているか。ならば時間を浪費してはいけない。時間こそが生命を作りあげている材料なのだから。

背負う荷物を軽くしてほしいなどと願ってはならない。背負えるだけの強い背中にしてほしいと願いなさい。

運命に人は縛られるのではない。ただ自分の心に縛られているだけなのだ。

明日しなければならないこと。それを今日のうちに行いなさい

今日という一日は、明日という日の2倍分の値打ちがある。

恐れるべきものは、何もない。私たちは、ただ恐れを恐れているだけだ。

我々は独りで平和に生きることなどできず、我々自身の福利ははるか遠くの国々の福利に左右されるのだ」。

退却から前進に転じるのに必要な努力を麻痺させる、漠然として理屈に合わぬ筋の通らない恐怖感こそ、恐れなければならない。

明日を妨げるものは、今日の疑いだけである。

保守主義者は、完全な二本の立派な足を持ちながら、歩くことを学ぼうと断じてしない人である。

何らかの方法を試してみるというのは、良識ある行動だ。

月を取りに行け。たとえ取り損ねても、そこから星を目指すことができる。

我々が明日花開くのにただひとつ足かせとなるのは今日の疑念だろう。

保守的な人は完璧な2本の足を持っているが、前に歩く方法を決して知らない人のことである。

ある方法を選んで試すことは常識である。もし失敗しても素直に認めて別の方法を試そう。しかし何にもまして、何かをすることが大事だ。

明日の実現を制限するのはただ一つ、今日についての疑いだけである。

女房と財布はつとめて隠しておけ。あまりたびたび人に見せていると、ある日借りられる恐れがある。

明日の実現を妨げる唯一の壁は、今日抱いている疑いである

行動を起こし、今をつかめ。人は貝になるために創られたのではない。

3時間、真剣に考えて、結論を出したら、3年間、真剣に考えても、結論は変らない。

若者のために、未来を創れるとは限らない。だが、未来のために、若者を創ることはできる。

未来の実現を制限している唯一のものは、現在への疑いだろう。

真剣に3時間考えて自分の結論が正しいと思ったら、3年かけて考えてみたところで、結論は変わらない。

幸せは、金を溜め込むことにあるのではない。

私が自分だけのために働いているときには、自分だけしか私のために働かなかった。しかし、わたしが人のために働くようになってからは、人も私のために働いてくれたのだ。

二十歳にして重きをなすのに意志、三十歳にして機知、四十歳にして判断。

日本人の頭蓋骨は白人に比べ二千年遅れている。

幸せは、達成の喜びと創造的な努力の快感の中にある。

我々が恐れなければならない唯一のものは、恐怖そのものである。

月を取れ、取り損ねても、星に届く。

自分を過大評価するものを過小評価するな。

私はあなたに賭けてもいい

私は脚が悪いが、この肩を見てくれ。ジャック・デンプシーもうらやましがるだろうさ。

一般の日本人は知能が低く、無知である。たぶん人間なのだろうが、人間であることを示すような点はどこにもない。

国土を破壊する国家は、自らを破壊する。

金貸しが努力してきた点は認めよう。しかし、その努力も古臭い伝統の枠から抜け出るものではなかった。信用の破たんに直面して、金貸しはもっと貸し出しを増やそうと提案するのみであった。偽りの指導に従うよう国民を誘導していた利益の誘惑が通用しなくなった時、金貸しは口先でごまかそうと信用を回復するよう涙ながらに訴えた。利己主義者の世代のルールしか知らない人たちなのだ。ビジョンはなく、ビジョンがなければ国民は滅ぶしかない。

誠実に、簡潔に、腰を落ち着けて。

Meigenbot

Meigenbot運営👍

Comments are closed