マイケル・ジャクソン

マイケル・ジャクソンの名言集

愛されていると感じながらこの世に生を受け、同じように感じながらこの世を去るならば、その間に起きることは乗り越えていけるものである。

みんな自分の能力を疑いすぎるのです。自分で自分を疑っていては、最善を尽くすことなんてできないんです。自分が信じなかったとしたら、誰が信じてくれるのでしょう?

僕は生きてることが幸せさ。僕が僕らしくいられることが幸せなんだ。

仕事のことになると、僕は大変な自信家になります。プロジェクトに取り組む時は、それを100%信じています。魂をそこに注ぎこむのです。そのためになら死んでもかまわない。

僕はどんなことにも決して満足しない。僕は完璧主義者で、それが僕という人間なんだ。

絶望に満ちた世界にあっても、あえて夢を追わなければならない。不信に満ちた世界にあっても、あえて信じなければならない。

子供達を見るとき、そこに神様の顔がみえる。だから僕は子供達が大好きなんだ。それこそが僕が見てるものなんだ。

生きとし生けるものすべてに神性を見出すとき、誰もが翼を手に入れる。

僕たちは、傷ついたこの世界を癒さなければならない。今日僕たちが目にする混沌や絶望、無意味な破壊は、人々がお互いや周りの環境から感じる疎外感に起因する。

いいかい、君の感情や振り付けや曲への個人的な考えを押しつけないでくれ。音楽がどうしたがっているのか、音楽に語らせてくれ

あなたと私は別物ではない。別だと思うのは、認識という魔法のレンズによる幻想さ。

どうやって音楽を作っているのかと尋ねられたとき、ただ音楽の中に踏み入るだけだと答えます。それは川の中に足を踏み入れて、流れに身を任すようなもの。川の中のすべての瞬間が、それぞれの歌を持っている

生きることは音楽的であること。体内の血が踊り出すところから始まる。すべての生命がリズムを刻んでいる。君は、君の音楽を感じているかい?

ピーターパンは僕が心の中に持っている特別な象徴なんだ。ピーターパンからイメージするのは若さ、子供時代、大人にならないこととか、魔法とか、空を飛ぶこととか、僕はそういったものが何よりも大切だと感じているんだ

世界で最高の教育とは、その道を極めた人の働く姿を見ることだ。

すべてはゆるすことから始まる、なぜなら、世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから。

僕は人々を助け、そして愛することを決してやめない。イエスがそうしろと言ったようにね。

僕らはみんな幼少期の産物なんだ。

何千人もの観客が見守るステージに立つときでも、僕は自分が勇敢なことをしているなんて思わない。誰かに本当の気持ちを打ち明けるときのほうが、よほど勇気がいるものだよ。

本当に、それが自分で納得できるまでやり続けなければいけません。それが秘訣なのです。それが、トップ三十位までのレコードと、何週間も第一位にいるナンバー・ワン・レコードとの差です。

あなたがもっと世界をすばらしいものにしたいと考えているなら、自分から変えていくべきなのです。鏡の中の自分を見るのです。外だけを見ていては駄目なのです。

僕は愛を信じています。とても信じているのです。愛を経験したならば、どうして信じずにいられるでしょうか。僕は人と人との関係を信じています。

踊る時に考えるのは最大のミス。感じることが大切なんだよ。

僕は芸術の究極の目的は、物質と精神、人間と神性の統合であり、それこそが芸術の存在理由だと信じている。

今日、世界は様々な問題をかかえています。街の犯罪から大規模な戦争やテロなど。これらは、私たちが子供から楽しい時代を奪った結果です

僕は願いを、そして願いを現実のものにしていく人間の能力を信じています。本当に信じているのです。その願いは、ただの夢ではなく、目標に姿を変えます。自分の意識や無意識の力で、それを現実のものにすることができるのです。

愛こそが、人類の家族の最も貴重な遺産、最も豊かな形見、黄金の伝統である。

世界で最高の教育は、名人が仕事をしているところを見ることだ。

人々はよく、どうして僕が周りに子供を連れているのかを不思議がるんだけど、僕は、自分が手にすることが出来なかったものを彼らを通して見つけているわけなんだ。

ステージは僕にとって自分の家だった。あの頃もそして今も一番楽にしていられる。でもステージを降りたときの僕はとても哀しかった。

とても、とても、とてもたいへんだった。子役スターらはみんなこの時期、苦しみを経験するのだと思う。だって、もうかつてのような可愛らしさはなくなるんだから。みんなは小さいままを望んでるんだけれど、成長は始まってしまう。

僕は皮膚の病気を持ってる。それが皮膚の色素を破壊するんだ。これは僕には止めることの出来ないものだよ。ねえ、でもみんなが勝手に話を作り上げて僕が僕自身でありたくないなんて言うのは、傷つくね。

もしハリウッドの芸能人で整形手術を受けた人が全員休みを取ったとしたら、そこには誰も残らないよ。

もしハリウッドの芸能人で整形手術を受けた人が全員休みを取ったとしたら、そこには誰も残らないよ。

我々の歴史書は真実ではないんだ。それは嘘だ。歴史の本は嘘だ。皆さんはそれを知らなければならないし、それを知るべきなんだ。

人間は誰でも踊りたいんですよ。それは人間の定めなんです。生物学的にそうできているんです。ビートをきくと、細胞が踊り出すようになっている。1歳の子でも、音楽をきくと動き出すでしょう。

僕は自分が黒人だということを知っている。鏡を見れば黒人の僕がいる、当然です

僕には少年時代はありませんでした。クリスマスや誕生日もなく、普通の子供の生活や悪露こびとはかけ離れたものでした。代わりに僕が経験したものは、勤勉、苦闘、苦しみでした。

僕には夢がありました。エンターテイメントの世界でパフォーマーになりたかったのです。

僕は、どんなときでも、まずはそれまでの経緯を全部調べつくして、それから、自分のアイディアを開拓していく、というやり方をする方なんだ。

人間の知、人間の気づきは、誰もが愛される対象だということから始まるべきである。

ダンサーは踊っているとき、ただ音楽やサウンドを演じているだけなんだ。もしそこにドライブするベース音があれば、ベースそのものに、チェロがあれば、チェロに、ストリングスがあれば、ストリングスに、音そのものになるんだ。その音の持っている感情そのものになるんだよ。

僕は自分自身を何者であるなんて宣言したことはないよ。僕は生きているというだけで幸福なんだ。僕は僕であるということで幸福だよ。という言葉は、ある授賞式のときにエリザベステーラーが最初に言ったんだ。

僕はジーザスを真似ようと努めてる。つまり彼は子供たちのようであれと言ったこと、子供を愛することや子供と同じように純粋であれと言ったことをね。そして、その無垢さを持って、世界をその全体のマジカルクオリティを驚きの目で見つめよという。僕はこういった言葉が大好きなんだ。

ムーンウオークは、ある素敵な子供たちが元なんだ。ゲットーに住むブラックキッズだよ。彼らは素晴らしいよ。彼らは新しいダンスを生み出す生まれつきの才能を持っている。「ランニングマン」などもそうだし、どんなものでも。彼らがこういうダンスを生み出して僕はそのダンスを改良したんだ。

僕はただ音楽と愛と調和を世界に与えるために選ばれた、ひとつの道具だと感じている、子供達に、そしてどんな年齢の人でも、そう、大人も10代の子達にも。

僕は環境の変化にすぐに対応出来る人間ではありません。だから僕は「都市」は大嫌いです。僕は「自然のまま」が大好きです。

ヒップホップはとても好きだよ。音楽がね。ダンスはあまり好きじゃないな。エアロビクスをしているみたいに見えるんだもん。

音楽をジャンル分けすることは好きではありません。ジャンル分けは差別主義みたいなものです。

「Bad」がどうやって生まれたかを説明できる人なんていない。あれは宇宙からの創造物なんだ。作ったのは僕じゃない。

スターになればなるほど攻撃の標的にされる。別に自慢してるわけじゃないんだけど世間から攻撃されて初めて、自分が頂点にいることに気づかされるんだ。ガンジーやキング牧師、キリスト、そして僕自身に至るまで。世界に光をもたらす人はみんなそうだ

スターになればなるほど攻撃の標的にされる。別に自慢してるわけじゃないんだけど世間から攻撃されて初めて、自分が頂点にいることに気づかされるんだ。ガンジーやキング牧師、キリスト、そして僕自身に至るまで。世界に光をもたらす人はみんなそうだ。

僕たちは、僕たちの住む地球をどれだけぞんざいに扱ってきたのだろう。まるで賃貸アパートのように扱う人もいる。世界中のゴミの問題、戦争、人種差別問題は僕たちがもたらしたのだ。少しでも早く考えを変えれば、より簡単に地球と惜しみない愛に対し、真の愛情を感じることになるだろう。

夢はみんなを幸せにすること、問題や心配事から解放すること。みんなが幸せなら、僕に必要なことなんてないんだよ

腰を上げて、行動しないといけないのです。それぞれが出来ることをして、一人の人間が一人の子供を助けることが大切なのです。それを成し得たら、素晴らしいことですよね。一人の人間を助ける。これがとても大きな前進です。だって、子供たちは世界中で助けを求めていますから。

人間が世界の問題を解決できるとは思っていない。できないんだよ。僕らの手には負えない。考えてもみなよ、地震が起こる地面をコントロールする事はできない。津波が起こる海をコントロールする事はできない。嵐が起こる空をコントロールする事はできない。僕らは皆、神の手の内にあるんだ。

音楽には2種類が存在する。1つは、ギターの弦で奏でられる音楽。もう1つは、心の弦で奏でられる音楽だ。

僕はまさに「リズムの奴隷」さ。その一瞬を、体が動くがままに踊っているんだ。頭で考えていてはダメなんだ。体で感じないと

本当に僕を幸せにするもの、僕が大好きなこと、それはパフォーマンスと創造です。物で飾り立てたりすることは、どうでもいいことなのです。

これは自分にふさわしくない、と思ったとき、人は難しい判断を迫られますが、自分の本能を信じなくてはいけないのです。

まだ誰もやったことないことをやろう。

僕は音楽と結婚している。僕がやりたい種類の仕事にはそれぐらい、音楽との親密さが要求されるのです。

生まれつき僕は完ぺき主義者です。出来る限り、最高の仕事をするのが好きです。僕の活動を人々に見たり聞いたりしてもらいたいし、また、僕の持っているものすべてを注ぎ込んだんだなって、感じてもらいたいんです。僕は、聴衆に対しては、そういう儀礼を尽くさなければならないと思っています。

星は死ぬのではない。それはただ、微笑みになり、溶けて、宇宙の音楽、生命の踊りという元の姿に戻るだけ。

音楽やダンスやそれにまつわる喜びというのは、本当に重要な役割を担っています。

僕はいつも普段幸せだよ。僕は、どんなことがあっても、障害があってもそれが僕をだめにするようなことは決してさせないんだ。僕は、水音や小鳥のおしゃべりや、笑い声を聞くのが大好きだ。そういった、そこにある、自然で、純粋なものをたまらなく愛しているんだよ。

成功は確実に孤独をもたらします。これは真実です。人々は、「ラッキーだな、すべてを手にいれて」と考えます。どこにでも行けるし、何でもできると考えるのですが、それは的外れです。人は基本的なものを渇望するのです。

先日、ある人が僕に幸せかと尋ねたことがあります。「完全に幸せだとは思っていません。」僕はなかなか満足することができない人間ですが、それと同時に、どれほど感謝しなくてはならないかということはわかっている人間なのです。自分が健康であり、また、家族や友だちの愛に包まれているということに、心から感謝しているのです

生きることは音楽的であること…一つ一つの命を、そっとやさしく感じると、その中の音楽が見えてくる。

結局、一番大切なのは、自分に、そして愛している人たちに対して正直であること、また一生懸命働くことです。

人間の知とは本の寄せ集めだけではない。人の心に書かれた、魂に刻みこまれた、精神に彫りつけられた、沢山の知恵も人間の知の一部なのだ。

まず、他の子供たちがやっているようなことをさせてもらえない。彼らが当然だと思っているような、小さな事を。友達同士で遊んだり、たがいの家に泊まったり、親友とただ一緒にいる、なんてことは、僕にはいっさい無かったんだ。小さいとき僕にはどんな友達もいなかった。兄弟が友達だったんだ。

有名であることに喜びは多いしね。世界中を旅行できるし、色々な景色を見て、色々な人に会って、スゴイんだけど、その反面も有るんだ。文句を言うわけじゃないけれどね。リハーサルも多いから、自分の時間をたくさんつぎ込まなくちゃならないんだ。

僕は吹き出物がひどくて、それで引込み思案になった。自分で自分を見るのも嫌で、暗いところに引き込んでた。鏡を見るのも嫌で、おまけに父は僕をからかっていじめたものだから、僕は嫌で嫌で毎日泣いていたよ。

メディアは僕に関して、いくつもの本当にひどいウワサを作っている。ぞっとするような話ばかりだ。あまりにも真実からかけ離れていて、最近解ったんだけどね。ひとつのウソが何回も出て、聞いているうちに、それが本当だと思うようになってしまうって。何回も同じウソを聞くと本当なんだと思うようになるんだ。僕について言われている話の中には、寒気がするようなひどいウソがいくつも有るんだ。

メディアは僕に関して、いくつもの本当にひどいウワサを作っている。ぞっとするような話ばかりだ。あまりにも真実からかけ離れていて、最近解ったんだけどね。ひとつのウソが何回も出て、聞いているうちに、それが本当だと思うようになってしまうって。何回も同じウソを聞くと本当なんだと思うようになるんだ。僕について言われている話の中には、寒気がするようなひどいウソがいくつも有るんだ。

彼は僕のことを自分の期待の星みたいに見ていたんじゃないかな。どんな事柄についても厳しい規律を重んじる人だったんだろう。ひどく厳しくって、きつくって。一目見られただけでも恐くなってしまう。

母は素晴らしい。僕にとって完璧な人だ。父の事を理解できたらいいんだけどなあ。

僕は家族のみんなをとても大事に思ってる。もっと会えたらいいなと思う。でも僕らはショービジネスファミリーだってことをよく分かってるんだ。時々ファミリーデイをやるんだ。誰かの家でみんなで集まる。ジャーメインのとこだったり、マーロン、テイト。みんなで集まって、騒いで、喋って、誰が何をやっているかを確認したりね。

僕は芸術というものにスゴク惹かれるんだ。ミケランジェロが大好きなんだ。もし僕が彼と話が出来るなんてチャンスがあったりとか、彼について書かれているものを読んだりしたなら、彼が彼として存在するために何からインスパイアされるのかを、その創造性の根源を知ろうとするだろう。昨晩、彼は誰と出かけていたとか、何かが有ったとか…つまり、僕には何が重要だってこと。

「世界」を変えるにはまず「鏡の中の男」を変えよう。

僕は自分の星が見つかるまで探し続けるつもりだ。それは、純真という引き出しの中に隠されていて、好奇心というスカーフに包まれている。

夜寝ている時でも、母が「マイケル!ジェームズ・ブラウンがテレビに出ているわよ!」と呼びに来れば、飛び起きてテレビの前に陣取りました。スクリーンに目は釘づけ、スクリーンに映る彼の全ての動き–ツイスト、ターン、腰の動きまでも研究して自分のものにしようとしました。

一番大切なのは、謙虚であり続けることです。子供、新生児が持つ類の謙虚さを持ち続けることです。子供・赤ん坊のように、つつましく、親切で、人に愛情と手助けを惜しみなく与えるようにしてください

僕が変装するのには、いくつか理由があるんだ。僕は人間を観察するのが好きなんだよ。

そんな物理的なお金で買えるものと、アーティストが生み出すアートを一緒にしないでいただきたい。

僕はとにかく素晴らしい音楽を書こうとするだけなんだ。気に入る人が気に入ってくれればいい。目指す聴衆が誰かということは考えない。レコード会社はそういう風な考えをさせようとしてくるけれど、僕は「自分だったらこれを聞きたい」という歌を創るだけなんだ。

過去にとらわれるのは悲しいことです。ですから、受け取った賞も家にはおきません。ゴールドレコードも、グラミーも一切、倉庫に置いています。プライドで思いあがったりするのは嫌ですからね、だって、傲慢になったら、もうこの先目指すべきことは何もないという気分になってしまうでしょう。

子供たちから学ぶべきは子供っぽさではありません。彼らは私たちに、どのように生きるべきか教えてくれます。

誰かが誰かを傷つけなければ、みんながみんなを愛することができれば、この世は楽園になる。

毎日の積み重ねが歴史を作る。君たちが歩む道は、過去の遺産からの旅立ちだ。

僕は、自然を音にする楽器として、皆に音楽を提供する役を与えられ、幸せで光栄に思う。

モータウン25の後で。でも、車に向かって歩いていたら、そこに少年がいて、12才くらいのユダヤの子がこう言ったんだ。「物凄かったよ。誰があんなダンスを教えてくれたの?」それで、僕は初めて、いい仕事をしたんだって感じたんだ。つまり僕は子供たちが嘘をつかないって知ってるからね。それから、とてもいい気分になったんだ。

動物達には、子供達にも通じる素晴らしいところが感じ取れるんだ。ピュアさや正直なところ。彼らは勝手な判断を下さない。ただ友達でいたいだけなんだ。僕はそれがとても可愛いと思うんだ。

僕はただ世界中の何処に行っても、愛されたいんだ。僕が全ての人種の人々を心から愛しているから。本当の愛情を持って。

僕はアートに対して献身的であるということなんだ。僕は全てのアートは、究極の目標としてあるのが、物質的なものと精神的なものの融合、人間と神的なものの融合だと信じているんだ。それこそがアートの存在理由なんだと信じているんだ。

たとえ何をしてもそれについて悪く言う人がどこかにいる。悲しいことだけどそれが現実なんだ。たとえ自分が善意で何かをしたとしてもありもしないことを勝手にでっち上げてよからぬ噂を流す人は必ずいるんだ。その人にちょっとした愛情や幸せをもたらしたいと思っただけでも批判されてしまうんだよ。

意識は自らを創造という形で表現する。踊っていると私は神聖なものに触れられたように感じる。そういう時には、魂が舞い上がり、全存在と一体になるのを感じる。私は星になり月になる。愛する人と愛される人になる。歌い手と歌になる…私は踊り続ける。それは創造という名の永遠の踊り。創造主と創造が、一つの大きな喜びの中に合体する。私はただ踊って、踊って、踊り続ける。踊りしかなくなるまで。

ステージに上がるということは、2時間のマラソンをするようなもの。ショーの前後に体重を量ると、10ポンドも減っている。ステージの床は汗まみれでね。ホテルに戻ってもアドレナリンが出ていて眠れない。それなのに、翌日もショーがあるんだ。厳しいよ。

たまにこう言われることがある。「”世界を治そう”と歌うのに、なぜステージに兵士がいるのか?」と。彼らは愛の兵士だ。戦争では何も解決しない。

人の事情も理解せずに、人がしようとしてることに口出しするべきではないよ。

夢を真っ直ぐ追いかけてみましょう。どんな夢であれ、なりたいと思えばなれるものなのです。

僕はチャイコフスキーに影響を受けた。くるみ割り人形のようなアルバムを全ての曲が素晴らしいアルバムを。みんな1曲だけが名曲で、残りの曲はB面のようなアルバムを作っていた。なんで全てがヒット曲になるアルバムに出来ないんだろうって。だから僕は懸命に努力した。それが目的だったんだ。

私たちには食べ物が必要不可欠です。しかしそれと同じように、私たちには愛が不可欠なのです。愛は私たちを構成するための”最も重要な栄養”なのです。

僕は他人より優れた人間だと思ったことなんてありません。ただ、普通の人より変わった人間だとは思います。他人とは違うことをしているという自覚があるからです

言葉は人の身体を傷つけることはないでしょう。しかし使い方を間違えると、言葉は人の感情を破壊する武器になり得ます。

僕は自分の人種を知っている。ただ鏡を見るだけでわかるんだ。僕は黒人だ、ってね。

無視は人をも殺し得るんだ。

詞とかコードとかが、突然舞い降りてくる。贈り物が頭の中に置かれるように。僕には曲がそういう風に聞こえるんだ。

黄金律に従ってみましょう。自分自身を大切に思うことと同じように、身近な人に親切になるのです。

精神的にも肉体的にも、何があろうと僕はパフォーマンスに徹するだけ。弱気は最大の敵なんだ。自分自身に立ち向かわなきゃ。

日本の人たちや文化が大好きなんだ。いつも誇り高く、忠実で優しいしね。ここの人たちの生き方をとても尊敬しているんだ。

ファンには、本当に愛していると伝えたい。遠く離れた地であっても、僕のことを理解してくれる。でも本当の僕をもっと知りたかったら、僕が書いたある曲を聴いてほしい。僕の心情が最も表れている曲。「Childhood」という曲だ。ファンのみなさんの応援に感謝します。みんなが大好きだ。

僕は朝食や夕食を食べている時、強い罪悪感に襲われることがあります。僕らが当たり前のようにしていることにも手が届かない人が無数にいると思うと…あと、みなさんもテーブルを囲んで手を合わせますよね。あれはたしかに素晴らしいことだけど、実際に何かすることが大切だと思うのです。

僕は世界一孤独な人間なんだ。

僕の使命は、人を癒すことだと思う。単純なことだけど、純粋な気持ちだ。

黒人が表紙になると雑誌が売れなくなる。そんなことはもう嫌なんだ。

本当のチャリティというのは、心から行動を起こすものです。”僕を見て!僕はチャリティをしてるよ!”なんて言って、アピールするためにやることではありません。

信じる者の為に立ち上がろう。立ち上がったことに自信を持とう。

世界を平和にしよう。次の世代を担う子どもたちが、平和な世界で暮らせることを僕は願っています。

人々に好まれない歌は作られるべきではない。音楽とは人々の人生に歓びを運ぶものなのだから。

マジック、奇跡、神秘、そして子供たちの無邪気は世界を癒す創造力の種です、僕はそう信じています。

僕は読書が大好きだ。もっと多くの人に本を読むようアドバイスしたい。本の中には、まったく新しい世界が広がっているんだよ。旅行に行く余裕がなくても、本を読めば心の中で旅することができる。本の世界では、何でも見たいものをみて、どこでも行きたいところに行ける。

僕はショービジネスが大好きだよ。でもその一方で遊んだり楽しんだりしたいという部分で悲しかった。いつかだか、南米に行く準備をしていて、みんな荷造りして、車に乗ってたんだけど、僕はもう行きたくなくって隠れて泣いていたんだ。遊びたかったよ。行きたくなかったんだ。

どうしてみんなタブロイドなんかを買うんだろう?本当の話じゃないんだよ。ある人から聞いた話なんだけど、ねえ、一対一で話したんじゃない限り、どんな話であろうとその人のことを聞きづてで判断してはいけないってね、決めつけちゃいけないんだ、本当じゃないんだから。

愛は、どんなに邪悪なものにも立ち向かえる武器となる

片手の手袋というのは、2つよりも1つの方が映えるんだ。僕は動きにアクセントを付けるのが好きだからね。白い手袋に観衆の目が行く。だから白の靴下も履いているんだ。僕は普段、デザイナーと共に衣装を考えるんだ。でももうあれを着ようとは思わない。過去に縋るなんて悲しいことだからね。

ときどき、批判されたり、価値観を否定されたり落ち込むこともあるけど、全ての人が、私の事好きになってもらえることはない。でも、私がどんな価値観を持っていようとも、2割の人は、好きでいてくれる。あとの6割は、私の行ないによって変わる。残り2割は、私が何をしても否定する。そう思ったら激しく落ち込む必要もない

Meigenbot

Meigenbot運営👍

Comments are closed