マザー・テレサ

マザー・テレサの名言集

カトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。またカトリック教会の聖人である。

「マザー」は指導的な修道女への敬称であり、「テレサ」は彼女の敬愛したリジューのテレーズにちなんだ修道名である。

コルカタ(カルカッタ)で始まったテレサの貧しい人々のための活動は、後進の修道女たちによって全世界に広められている。

生前からその活動は高く評価され、1973年のテンプルトン賞、1979年のノーベル平和賞、1980年のバーラト・ラトナ賞(インドで国民に与えられる最高の賞)、1983年にエリザベス2世から優秀修道会賞など多くの賞を受けた。

1996年にはアメリカ合衆国史上5人目の名誉市民に選ばれている。

View this post on Instagram

今日は、マザー・テレサ氏の名言をご紹介します!😊 すべて見たい方はプロフィールリンクよりどうぞ…! ーーー カトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。またカトリック教会の聖人である。 「マザー」は指導的な修道女への敬称であり、「テレサ」は彼女の敬愛したリジューのテレーズにちなんだ修道名である。コルカタ(カルカッタ)で始まったテレサの貧しい人々のための活動は、後進の修道女たちによって全世界に広められている。 生前からその活動は高く評価され、1973年のテンプルトン賞、1979年のノーベル平和賞、1980年のバーラト・ラトナ賞(インドで国民に与えられる最高の賞)、1983年にエリザベス2世から優秀修道会賞など多くの賞を受けた。 1996年にはアメリカ合衆国史上5人目の名誉市民に選ばれている。 ーーー #Meigenbot #めいげんぼっと #マザーテレサ #マザーテレサの言葉 #名言 #格言 #悩み #人生 #迷い #解決策 #スッキリ #幸せ #心 #心理 #深層心理 #好調 #不調 #スポーツ #自己啓発 #ビジネス #勉強 #宗教 #motherteresa #motherteresaquote #恋愛 #恋愛ポエム #恋愛相談 Photo by Wikipedia

A post shared by Meigenbot / めいげんぼっと (@meigenbot_official) on

笑ってあげなさい。笑いたくなくても笑うのよ。笑顔が人間に必要なの。

導いてくれる人を待っていてはいけません。あなたが人々を導いていくのです。

遊ぶ時間を持ちなさい愛し、愛される時間を持ちなさい与える時間を持ちなさいそれは永遠につづく若さの秘密それは神が与えてくれた特権自分勝手になるには、一日は短すぎる。

私たちは、この世で大きいことはできません。小さなことを大きな愛をもって行うだけです。

説教してきかせても、それは人とふれあう場にはなりません。ほうきをもってだれかの家をきれいにしてあげてごらんなさい、そのほうがもっと雄弁なのですから。

神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。

この世界は食べ物に対する飢餓よりも、愛や感謝に対する飢餓の方が大きいのです。

今、この瞬間幸せでいましょう。それで十分です。その瞬間、瞬間が、私たちの求めているものすべてであって、他には何もいらないのです。今、幸せであるように努めましょう。他の人をーあなたより貧しい人々も含めてー愛しているのだということを、行動によってすことで、彼らを幸せにすることができるのです。たくさんのものが必要なわけではありません。ただ、微笑みかけてあげるだけでいいのです。だれもが微笑むようになれば、世界はもっと素晴らしい場所になるでしょう。ですから、笑って、元気を出して、喜びなさい。神はあなたを愛しているのですから。

昨日は去りました。明日はまだ来ていません。わたしたちにはただ、今日があるのみ。さあ、始めましょう。

飽くことなく与え続けてください。残り物ではいけません。痛みを感じるまでに、自分が傷つく程に与え尽くしてください。

短くて口に出しやすい言葉でも、心のこもった言葉はある。そんな言葉はいつまでも心の中に輝き続ける。

日本人はインドのことよりも、日本のなかで貧しい人々への配慮を優先して考えるべきです。愛はまず手近なところから始まります。

世界平和のために何ができるかですって?家へ帰って、あなたの家族を愛しなさい。

貧しい人たちに生命だってあげることはできます。しかし、微笑を浮かべてそれをしなければ、何も与えることにはなりません。

人は不合理、非論理、利己的です。気にすることなく、人を愛しなさい。あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。気にすることなく、善を行いなさい。目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うことでしょう。気にすることなく、やり遂げなさい。善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう気にすることなく、善を行い続けなさい。あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう気にすることなく正直で誠実であり続けなさい。助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。気にすることなく、助け続けなさい。あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい。けり返されるかもしれません。気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。気にすることなく、最良のものを与え続けなさい…。

愛とは、大きな愛情をもって小さなことをすることです。

もし、貧しい人びとが飢え死にするとしたら、それは神がその人たちを愛していないからではなく、貴方が、そして私が、その人たちにパンを、服を、そして愛を、思いやりを与えなかったからなのです。

喜びとは、魂を捕まえられる愛の網なのです。

所有すればするほど、とらわれてしまうのです。より少なく所有すれば、より自由でいられます。

あなたに出会った人がみな、最高の気分になれるように、親切と慈しみを込めて人に接しなさい。あなたの愛が表情や眼差し、微笑み、言葉にあらわれるようにするのです。

人間のほほえみ、人間のふれあいを忘れた人がいます。これはとても大きな貧困です。

すぐにお国にお帰りなさい。家に帰って家族を大切にしなさい。

神は私に成功をおさめることではなく、真心をつくすように命じています。

奇跡なのは、私たちがこの仕事をすることではなく、それをすることが幸せだということです。

強い愛は、分け隔てをせず、ただ与えるものです。

リーダーを待つのはおよしなさい。一人で、人から人へと行えばいいのです。

いつもお互いに笑顔で会うことにしましょう。笑顔は愛の始まりですから。

誰かに微笑みかけること、それは愛の表現であり、その人へのすばらしい贈り物となるのです。

暗いと不平を言うよりも、あなたが進んで明かりをつけなさい。

富める人のほうが貧しいと思うときがあります。富める人のほうが内心孤独であることが多いのです。

私たちは、成功するためにここにいるのではありません。誠実であるためにここにいるのです。

一切れのパンではなく、多くの人は愛に、小さなほほえみに飢えているのです。

やさしい言葉は、たとえ短く簡単な言葉でも、いつまでもいつまでも心にこだまします。

愛に対する飢えの方が、パンに対する飢えを取り除くことよりも、はるかに難しいのです。

最悪の病気と最悪の苦しみは、必要とされないこと、愛されないこと、大切にされないこと、全ての人に拒絶されること、自分がだれでもなくなってしまうことだと、より実感するようになりました。

ランプの灯を灯しつづけるには、たえず油をそそがねばなりません。

最もひどい貧困とは、孤独であり、愛されていないという思いなのです。

もし平和が得られていないなら、それは私たちが仲間だということを忘れているからです。

もしあなたが百人の人に食料を与えることができないのなら、ただ一人の人に与えなさい。

愛はいつでも旬の果物で、誰の手にも届く所にあるのです。

インドでは、貧しい人々はわずかのお米を他人から受けることで満足し、幸せになれるのです。一方、ヨーロッパの貧しい人々は、自分の貧しさを受け入れることができずにいるので、その多くにとって貧しさは失望の源でしかないのです。

生活の中にいろいろなことが入り込むので祈れない、という言い訳をする人たちがいます。そんなことはありません。祈るために仕事を中断する必要はありません。仕事を祈りであるかのように続ければよいのです。大切なのは、神とともにあり、神とともに生き、神の御心を自分のものとして行うことなのです。清い心で人々を愛し、すべての人、とくに貧しい人々を愛することが、間断ない祈りになるのです。

私たちが仕えている貧しい人たちは、あなた方からの憐れみも、見下すような態度も必要としていないのです。彼らが必要としているのは、あなた方の愛と親切なのです。

善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう。ですが、気にすることなく善を行い続けなさい。

あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。ですが、気にすることなく、善を行いなさい。

祈りは信仰を生み、信仰は愛を生み、愛は貧しい人々の為への奉仕を生みます。

いまの世の中、人間が人間を見捨てているのよね。親が子を、子が親を、兄が弟を、友が友を、隣人が隣人を。

油を足し続けなければ、ランプは灯しておけない。

銃や砲弾が世界を支配していてはいけないのです。世界を支配していいのは、愛なのです。

ガンジーは、キリストのことを知った時、興味をいだきました。しかし、キリスト信者たちに会って、がっかりしたそうです。キリストに近づこうとしている人たちにとって、キリスト信者たちが最悪の障害物になっていることがよくあります。言葉だけきれいなことを言って、自分は実行していないことがあるからです。人々がキリストを信じようとしない一番の原因はそこにあります。

心が愉しむことは、どんな美容師にもまさる効果があります。

私たちにとって、清貧とは自由を意味しています。清貧こそは私たちの力であり、幸福の源なのです。

私たちの周りの人々を理解するように懸命に努力を尽くすべきです。そして、ともに住む人々をより理解するために、自分自身をまず理解することがどうしても欠かせないのです。

利己的な自分たちがそのような飢えと貧しさの原因なのだ。

人々の努力を、これら無防備の人々へのいくばくかの食物、避難所、医薬、衣類に振り替えられたなら、世界は必ずやより平和で、より幸せなものになることでしょう。

富める国で中絶を合法化するところがあれば、その国は間違いなく、世界中で最も貧困な国です。

貧しくなりたいと願って、貧しい人と同じような生活をしながら、同時に高価な物を捨てきれないでいる人々がいます。これは、ぜいたくとしか言いようがありません。

どんな人にあっても、まずその人のなかにある、美しいものを見るようにしています。この人のなかで、いちばん素晴らしいものはなんだろう?そこから始めようとしております。そうしますと、かならず美しいところが見つかって、私はその人を愛することができるようになります。これが私の愛のはじまりです。

私たちのしていることは大海の一滴に過ぎません。だけど、私たちがやめたら確実に一滴が減るのです。

あなたも私たちと同じように望まれてこの世に生まれてきた大切な人なのですよ。

倒れるまで一生懸命働くことも、力以上に働くことも、してできないことはありません。でも、そんなに働いても、それが愛に基づいてなされていないなら、神の目には無益なことでしかないのです。

男女を問わず、自分のお金をいかに貯めるかで悩んでいる人々は、真の貧者です。もし自分の手もとにあるお金を他人に与えようとするなら、そのときその人は富者、真の意味で豊かな人となれるのです。

目的を達成しようとするとき、邪魔をする人に出会うでしょう。ですが、気にすることなく、やり遂げなさい。

大切なことは、どれだけたくさんのことや偉大なことをしたかではなく、どれだけ心をこめてしたかです。

人生はひとつのチャンス、人生からなにかをつかみなさい。

自分のことへの思いわずらいでいっぱいだと、他人のことを考える暇がなくなってしまいます。

私の恐れているものはただひとつ。お金です。お金への執着、金銭欲こそは、ユダをしてイエスを裏切らせる動機となったのです。

必要としているのは、他の人々をもっと愛し始めることと言っています。神様だけが、私たちの真の必要をご存知です。愛の欠如こそ、今日の世界における最悪の病です。どんな小さいことであっても、大いなる愛を込めておこなうことは、人に喜びを与えます。そして人の心に平和をもたらします。何をするかが問題ではなく、どれほどの愛をそこへ注ぎ込むことができるか・・・それが重要なのです。

上層階級に属する若い女性が、貧しい人々のために働く決心をする時、それは正真正銘の一つの革命です。最大級のしかも極めてむずかしい困難を伴う革命であり、愛の革命なのです。

富に執着している人、そのために気苦労の絶えない人は、実はとても貧しいのです。富を他のために用いるとき、その人は豊かに、とても豊かになります。

兄弟にほほえみかけ、助けの手を差し伸べるたびに、それがクリスマスなのです。

いちばん大切な薬は、優しい愛と思いやりです。

あなたがたがもし、苦しんでいる兄弟姉妹の一人ひとりを思い起こすなら仕事はもっと楽に感じ、貧しい人たちに対してももっと心の底から微笑むことができるでしょう。

静けさは、あらゆることに対する新しい視線を私たちに与えてくれます。

どんな子供も宝物です。みな、神の手によって造られたのですから。

どの人もみんな愛すべき人です。みんな愛に飢えています。

愛は家庭に住まうものなんですよ。子どもを愛し、家庭を愛していれば、何も持っていなくてもしあわせになれるのですよ。

最大の病はハンセン病や癌や結核などではありません。それは誰にも必要とされず、誰にも気に留めてもらえず、すべての人から見捨てられているという孤独です。

にっこり笑うだけでどんなに大きな善いことができるか、私たちには決してわからないでしょう。

全ての人は良心をもっていてみんなそれに従わなくてはならないのです。

読書する時間を持ちなさい親しくなるための時間を持ちなさい働く時間を持ちなさい。それは知識のわき出る泉。それは幸福へつづく道。それは成功の価値施しをする時間を持ちなさい。それは天国へと導く鍵。

私達は、祈ることで誘惑に打ち勝つ強さを得るでしょう。なぜなら、少しでも神に近づいた人間は、周りにいる人たちに楽しさと愛を広めるからです

全ての宗教は、永遠なるもの、つまりもうひとつの命を信じています。この地上の人生は終わりではありません。終わりだと信じている人たちは、死を恐れます。もしも、死は神の家に帰ることだと、正しく説明されれば、死を恐れることなどなくなるのです。

魂に恥じない行為をする、それが喜びになります。

死は悲しい事ではありません。私たちが悲しむべき唯一のことは、自分が聖なる者になっていないという事実だけです。

日々の、その祈りがなければ、一日たりとも、いや一時間たりともこの献身の生活は続けられません。

祈ることを愛しなさい。日中たびたび祈りの必要を感じるようにしなさい。祈りは心を広くして、神ご自身という贈り物を受け入れることができるようにします。

神は静けさの友である。、、、生きて、愛する神である。宣教者の言葉は、内面からわくのでなければ役にたたず、キリストの光を与えないような言葉は、闇を増すばかりである。

微笑を忘れ、悲しそうなのは、彼女たちの使命にとっては最大のマイナスになります。

神と今すぐいっしょに天国にいることができます。今神といっしょに幸せでいること、神が愛したように愛し、神が手助けなさるように手助けし、神が与えるように与え、神が仕えるように仕え、神が救うように救い、四六時中いっしょにいて、苦しむ人の姿をとっておられる神に手を触れることです。

私は道具に過ぎません。神の手の平の中にある小さな鉛筆のようなものです。私たちのような弱くて不完全な道具を使うことで、神は今でも謙遜を示しておいでです。

今のような、開発の時代に人は皆急いでいて、何かを追いかけているみたいで、道端には競争に耐えられなかった人たちが倒れていくのです。こういう人たちを、私は大切にし、こういう人たちに仕え、世話したいと思っているのです。

驚くべきことは、神様がご自分の仕事のために、こんなに不完全な私たちを用い、会を通して途方もない量の善をつくり出されていることです。

もし本当に愛したいと願うなら、許すことをしらなければなりません。

仕事の最中でも、祈ることはできます。仕事は祈りを妨げないし、祈りもまた、仕事を妨げることはないのです。ただほんの少しだけ心を神に向けるだけで良いのです。愛しています、お任せしています、信じています、神よ、私は今あなたが必要です。こんな感じでいいのです。これは素晴らしい祈りです。

人並み以下の人生で生まれてきても天使として死ぬのです。

私たちの行いは大河の一滴にすぎない。でも、何もしなければ、その一滴も生まれない。

大切なのは、どれだけ多くをほどこしたかではなく、それをするのに、どれだけ多くの愛をこめたかです。大切なのは、どれだけ多くを与えたかではなく、それを与えることに、どれだけ愛をこめたかです。

私の勇気を褒めてくださる人々に申しあげたいのは、私が、ハンセン病者の体に触れ、言いようのない悪臭を放つ膿の流れる体に触れるたびに、聖体でいただくキリストと同じキリストの体に触れているのだと確信なしには、その勇気はあり得ないということです。

先進国にも、ひとつの貧しさがあります。それは、お互い同士、心を許していない貧しさ、精神的貧困、淋しさ、愛の欠如から来る貧しさといっていいでしょう。愛の欠如こそ、今日の世界における最悪の病です。

太陽を見なさい。そうすれば影は見えなくなるから。

他人を、あなたより貧しい人も含めて、愛しているのだということを、行動によって示すことで、彼らを幸せにすることができます。たくさんのものが必要なわけではありません。ただ、微笑みかけてあげるだけでいいのです。

貧困をつくるのは神ではなく、私たち人間です。なぜなら私たちが分かち合わないからです。

平和も戦争も家庭から始まります。もし本当に世界平和を願っているなら、まず自分の家が相互に愛し合うことから始めていきましょう。もし、喜びを広げていきたいなら、まず、ひとつひとつの家族が喜びをもって生活することが必要なのです。

私は受賞に値しないが、世界の最も貧しい人々に代わって賞を受けました。

善い行いは、一つ一つ繋がって愛の鎖をつくってゆきます。

いかにいい仕事をしたかよりもどれだけ心を込めたかです。

ある人がかつて私に、100万ドルもらっても、ハンセン病患者には触りたくないと言いました。私は答えました「私も同じです。お金のためだったら、200万ドルやると言われても、いまの仕事はしません。しかし神への愛のためなら喜んでします」と。

私は親切にしすぎて間違いをおかすことの方が、親切と無関係に奇跡を行うより好きです。

私が喜びと言うとき、それは大声で笑うこと、馬鹿騒ぎをする状態を意味していません。それらは真の幸せな状態とはことなります。人は笑いとか馬鹿騒ぎで何かを誤魔化そうとすることがあるものです。

年寄りにとって、他人にしたらたわいもないことでしかないのですが、自身にとっては大切な昔の物語を聞いてもらうことが大きな喜びなのです。聞いてくれる人を持たない人の話を聞いてあげるのは、素晴らしいことです

この世で最大の不幸は、戦争や貧困などではありません。人から見放され、「自分は誰からも必要とされていない」と感じる事なのです。

大きなことをできる人たちはたくさんいます。でも、小さなことを大切にしようとする人は、ほんの一握りしかいないのです。

あなたたちは、もっと身近なことから始めたらどうかしら。

人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。

貧しい人々の物質的な貧しさだけでなく、その精神的な傷口にも私たちは手当てをしてあげねばなりません。私たちが彼らとひとつに結ばれて、その悲しみを心から分かち合うときにのみ、彼らの生活に神をもたらし、また彼らも神に近づいて癒されるのです。

喜びは祈りです。喜びは力です。喜びは愛です。喜びは、私たちが人々の心を捕える愛の網なのです。

もしも月の世界に貧しい人々がいるとしたら、私たちは、そこへも行きます。

政治家たちは、謙虚にひざまずく時間をもっともっと、ふやさないといけません。そうしたら、きっと彼らはより良い政治家になると、私は信じています。

いずれにせよ、もし過ちを犯すとしたら、愛が原因で間違った方が素敵ね。

100人に食べ物を与えることができなくても、1人なら出来るでしょ?

愛は家庭から始まります。まず、家庭から始めてください。やがて外へと愛の輪が広がっていくでしょう。

家に帰って家族を愛してあげてください。

平和はほほえみから始まります。一日五回、あなたが本当は笑顔を見せたくない人にほほえみかけなさい。

お望みなら私を殺しなさい。

飢えている人がいます。でもそれは、パンがないためではありません。愛、思いやりへの飢え、だれかの「自分」でありたいという思いがみたされない飢えなのです。

わたしたち一人一人が、自分の玄関の前を掃除するだけで、全世界はきれいになるでしょう。 3マザー・テレサの名言

もし、百人を養えないのであれば、ただ一人を養いなさい。

人生は愛すること、そして、愛されることの喜びそのものです。愛は「与えること」で、一番良く表現されうるのです。

子どもはあなたの愛を待っているのよ。一対一のね。あなたが働いてその子のパンを稼いできても、その子がほうっておかれるんじゃどうしようもないでしょう。

誰にも世話をされずに一人で寂しく死んでいくことなどあってはならない。

最も大きな苦しみは、やはり孤独です。愛されていないと感じることですし、だれ一人友がいないということなのです。

あたたかい微笑み。妻に夫に子供に、そして全ての人に微笑みかけなさい。微笑みは愛を育てます

もしあなたが謙虚であるなら、何ごともあなたの心を汚さないでしょう。もしあなたが聖人であるなら、神に感謝しなさい。もしあなたが罪人であるなら、そのままでいてはいけません。

もし、経験がないならば、尋ねなさい。尋ねることは恥ずかしいことではありませんけれど、知らないことを、知っているようなふりをするのはやめなさい。

考える時間を持ちなさい、祈る時間を持ちなさい、笑う時間を持ちなさい、それは力の源それは地球でもっとも偉大な力それは魂の音楽。

それはとてもシンプルなものなのです。私たちすべてが必要としているのは、祈ること、そして、他の人をもっと愛し始めることなのです。

他人の過ちや、罪深いすべてのものに目を閉じ、神の美徳をさがす。

私の秘密をおしえましょうか。私は祈ります。キリストに祈るということは、キリストを愛することと同じなのです。救われるためにどうしたらよいのでしょうと尋ねる人があったら、私の答えは「神様を愛することです。そして、何よりもまず祈ること」。

信仰が深まれば、いかなる宗教、階層、肌の色、国籍、貧富の差も存在しないとわかります。

傲慢でぶっきら棒で利己的になるのは、いともたやすいことです。でも私達は、もっと素晴らしいことの為に、創られているのです。

私の白いサリーは、貧しい人のなかで私も貧しい人の一人だというしるし、私の身なりも生活も、病に倒れた人や、骨ばかりの子供とひとつになるための糧。そして、不親切で冷淡でありながら奇跡をおこなうよりは、むしろ親切と慈しみのうちに間違うほうを選びたい。

もし仮に「孤児の家」がなかったら、子供達はみんな路上に放っておかれるのです。それをそのままにしておくか、それとも私にできることをするか、私にはどちらかを選ぶしかないし、だから、私は自分にできる僅かなことを選んだだけなのです。

喜びは祈りー喜びは力ー喜びは愛ー喜びは人の心を受けとめる愛の網。神は喜んで与える人を愛される。喜びを持って与える人は、誰よりも多く与える。

私は、自分が神の手の中にある鉛筆のように感じます。主よ、私を貴方の平和の道具としてお使いください。

誰も私から幸福を奪う事はできませんよ。後悔したり不幸だと思ったりしたことは、これまで一度もありません。

私たちは、栄光やお金のために仕事をしているのではありません。シスターたちは貧しい人々に一生を捧げています。神聖な愛です。私たちは、神のために働いています。自分を神に捧げるとき、そこには愛が存在します。彼女たちは、持っているものをすべて差し出し、自分にできる最大の犠牲を捧げます。社会的な地位も、家も両親も、将来もすべて、もっとも貧しい人々を通して神に捧げます。

己を自覚すれば、人は謙虚になります。神の言葉を、そのとおりに受け取り、なによりも天国を求めること。この世での私たちの損失は、天国での獲得になるのです。

私たち全員を進ませているのは、与えること、つまり人々の生活に愛をもたらすことから得られる喜びなのです。

沈黙の果実は祈り祈りの果実は信仰信仰の果実は愛愛の果実は奉仕奉仕の果実は平和。

最も美しいものとは、、、一体どこにあるのでしょうか、、、それは、一人一人の人間の中にあるのです。

貧しい者は自由で、幸福です。この人々にとって、多くのことを常に欲し、望む人々のことは何でもありません。第三世界の貧しい人は、私たちに、満ち足りるということが、どういうことかを教えてくれます。これは西欧の人々が忘れているものです。

小さなことにいつでも誠実であるように努めなさい。

思いやりのある行為への最も確かな近道は、言葉を使うことです。ただし、他人への良いことのために使いましょう。もしあなたが、人のことを良く考えるならば、人についても良く話すようになるでしょう。

本当の意味で愛するということは、傷つくということなのです。

何度でも飽くことなく繰り返して言います。貧しい人々が最も求めているのは、憐れみではなく愛なのです。彼らは自分たちの人間としての尊厳に敬意を払ってほしいのです。そして彼らが有している尊厳は、ほかの人間のそれとまったく同じ質と量の尊厳なのです。

お金を恵むだけで満足しないようにしましょう。お金がすべてではありません。貧しい人々は、私たちが身を持って示す愛。私たちの心の表れとしての愛を求めているのです。

貧しい人たちは、もう十分に悲しみを味わっているのだから、その人々を一層みじめな思いに浸らせないことのないように、喜びをもって接しなさい。

私が怒りを覚えるのは、無駄使いです。まだ使えるものを捨てたり、または無駄にしているのを見ると、怒りを覚えます

誰もがほほ笑むようになれば、世界はもっと素晴らしい場所になるでしょう。ですから、笑って、元気を出して、喜びなさい。神はあなたを愛しているのですから。

大切なことは、たくさんのことを成し遂げることでも、何もかもをすることでもありません。大切なことは、いつでも何に対しても喜んでする気持ちがあるかどうかなのです。貧しい人々に奉仕しているとき、私たちは神に仕えているのだ確信していることなのです。

人々は与えることを学ばなければなりません。でも、与えることを義務と考えるのではなく、与えることを願いとすることが大切です。

このお金でいくつのパンが買えますか?

慰められるよりも慰めることを、理解されるよりも理解することを、愛されるよりも愛することを。

世界を負かすのに爆弾や銃を用いさせないで下さい。愛と共感を用いさせて下さい。平和は微笑みから始まります。あなたが微笑みたくない人にも1日5回微笑みましょう。神の光をともして、世の中で、またすべての人々の心の中で、あらゆる憎しみや権力愛を消しましょう

愛の反対は憎しみではなく、無関心です。世界で一番恐ろしい病気は、孤独です。

人は不合理で、非論理的で、利己的なものです。ですが、気にすることなく、人を愛しなさい。

人を批評していると、人を愛する時間がなくなります。

私たちがやっていることは大海の一滴にすぎないことは、私たち自身感じています。しかし、大海はその一滴分は少なくなっているのです。

貧しいことは美しいことです。

もしも私たちが謙虚ならば、褒められようと、けなされようと気にしません。もし誰かがあなたを非難しても、がっかりすることはありません。反対に誰かがあなたを褒めてくれたとしても、それで自分が偉くなったように思う必要もありません。

病気にはそれぞれ特効薬があります。ところが愛されないが故の寂しさだけは薬では癒されません。私たちがしている仕事を評価してくださっている方々にお願いしたいのは、どうぞ自分の周囲を見回して、愛に飢えている人々に喜んで愛を与え、その人たちに奉仕してくださいということです。

一緒に住んでいたり、または血のつながった親族といった人たちに微笑みかけることは、あまり親しくな人々に対して微笑みかけるよりも難しいときがあるものです。「愛は近きより始める」ということを忘れないようにしましょう。

あなたのごく近くに、愛情と優しさに飢えている人々がきっといます。どうぞその人たちを見捨てないでください。彼らに人間としての尊厳を認め、あなたにとって大切な人たちなのだと、真心を込めて認めてあげてください。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

傲慢さはすべてを壊してしまいます。イエスのように生きる秘訣は、心が柔軟で謙遜な人になることです。 2マザー・テレサの名言

あなたのことを愛していますよ。

誰にでも、沈黙し、黙想する時間が必要です。私はいつも沈黙のなかで祈りをはじめます。神は静寂の友です-私たちは神の声に耳をかたむける必要があります。祈りは魂を満たしてくれます。そして、人間は、祈ることで神に近づくことができるのです。祈ることで、あなたは清らかで純粋な心を与えられるのです。

神よ、今日は孤独の苦しみがどれだけひどかったことでしょう。いつまで私の心が、この苦しみに耐え続けられるかわかりません。涙はとめどなく流れ落ちました。すべての人が私の弱さを見るでしょう。神よ、今こそ自分と、そして誘惑者とたたかう勇気をお与えください。私の自由な選択と確信によって行った犠牲から、私を退かせないでください。あなたの愛のために、私は「神の愛の宣教者」として生き、そして死にたいのです。

親切で慈しみ深くありなさい。

死は自分の家に帰ることですが、人は、何が起こるかを恐れて死にたくないものです。そこには良心の問題もあります。」もっとよくやるべきだったのに」と。私たちは生きたように死ぬものです。死とは人生の続きであり、また、人生を完成させるだけでなく、体をお返しするに過ぎないのです。しかし、心と魂はずっと永遠に生き続けます。死なないのです。

親愛なる主よ、私がどこに行こうと、あなたの香気を放つことができますように、お助けください。私の魂を、あなたの霊といのちであふれさせてください。私の人生のすべてが、ただあなたの光の輝きだけとなりますように、私の全存在に染み込み、捕らえ尽くしてください

清貧の精神を保持することは、極めて重要です。

愛は身近な人、家族を気遣うところに始まります。私たちの夫、妻、子供たち、または親たちが、一緒に住んでいながら十分に愛されていないと感じ、孤独な生活をしているのではないかと反省してみましょう。

神が私に望んでいらっしゃるのは、事業を成功させることではなく、忠実に生きることなのです。神と相対して生きているとき、大切なのは結果ではなく、忠実さなのです。

執着心から、捨てられないもののなんと多いことでしょう。すべてをイエスに差し出すためには、所有物は少ない方がよいのです。

神にお仕えするためには、ごくありきたりな仕事を、できるだけ楽しく喜んで実行することです。

パンがなくて死ぬ人が数えきれないほどいます。そして同時に、数えきれないほど多くの人々が、ちょっとでいいからその存在を認めて欲しいと願いながら、わずかばかりの愛すら与えられないがゆえに、生きる勇気を失っています。

苦しみが私たちの生活に訪れてくるとき、微笑みをもって受け入れましょう。神が送りたまうすべてを微笑みながら受け入れる勇気は、神からの最も偉大な賜物といえます。

私たちは皆、神の楽園に憧れています。でもじつは私たちは、いま置かれたところで楽園を味わうことができるのです。

話すことは少なくしましょう。説教して聞かせても、それが人と触れあう場にはなりません。箒を持って、誰かの家をきれいにしてごらんなさい。それが十分に語ってくれます。

人はしばしば不合理で、非論理的で、自己中心的です。それでも許しなさい。人にやさしくすると、人はあなたに何か隠された動機があるはずだ、と非難するかもしれません。それでも人にやさしくしなさい。成功をすると、不実な友と、本当の敵を得てしまうことでしょう。それでも成功しなさい。正直で誠実であれば、人はあなたをだますかもしれません。それでも正直に誠実でいなさい。歳月を費やして作り上げたものが、一晩で壊されてしまうことになるかもしれません。それでも作り続けなさい。心を穏やかにし幸福を見つけると、妬まれるかもしれません。それでも幸福でいなさい。今日善い行いをしても、次の日には忘れられるでしょう。それでも善を行いを続けなさい。持っている一番いいものを分け与えても、決して十分ではないでしょう。それでも一番いいものを分け与えなさい

あなたは、あなたであればいい。

小さなことは本当に小さい。でも、小さなことを真心を込めて行うことは偉大なことなのです。

夜の10時ころだったでしょうか。ドアのベルが鳴りました。私がドアを開けると、一人の男の人が寒さに震えて立っていました。「マザー・テレサ、あなたが大きな賞を受賞なさったと聞いたとき、私もわずかですが何か差し上げたいと思い立ちました。これが今日私がもらったすべてです。何卒、お受け取り下さい」それは確かにわずかでした。でも、彼の持ち物すべてだったのです。それは、私にとってノーベル賞以上の感動を与えてくれました。

些細なことに真心を尽くしなさい。あなたの強さは些細なことの中にあるのですから

神の愛の宣教者会の精神は、完全に神にしたがうこと、他人を信じ愛すること、そして、だれに対しても陽気でいることです。喜びとともに苦難をも受け止めなければなりません。貧しい人生を明るく信じて生きなければなりません。そして、もっとも貧しい人のなかにいるイエスの世話を陽気にしなければなりません。神は陽気に与える者を愛するのです。微笑みながら与えられたものこそ最高の贈り物なのです。もし、あなたが神に対してつねに「はい」と答える心づもりがあるなら、どんなことがあっても微笑んでいるようにしなさい。そうすれば神の恵みが受けられ、傷つくまで与えつづけることができるでしょう。

私は愛情のすべてを注ぎ、できる限りの世話をしました。そしてベッドに寝かせてあげた時、彼女は私の手を取り、美しく微笑んだのです。こんなに美しい笑顔を、私はそれまでに見たことがありませんでした。「ありがとうございました」彼女はそうひとこと言って、静かに息を引き取ったのです。そんな彼女の死を目の当たりにして、私は自分に問いかけてみました。「私が彼女だったら、どうだろう?」私は正直に答えを出してみました。「人の気を惹こうとして、「痛い」とか「お腹が空いた」とか「死にそうだ」とか言ってしまうかもしれない、、、。

喜びを持つということは、性格などの簡単な問題ではありません。喜びを保つことは、いつも難しいものです。だからこそ喜びは、私たちが身につくように努めて、心の中ではぐくんでいかなければならないものなのです。もし、あなたが困難な仕事をかかえたときに、喜びや大きな微笑でそれを受けたなら、多くのほかの事柄と同じように、よい実りをもたらすでしょう。

主よ、あなたの平和をもたらす道具として、私をお使いください。憎しみのあるところには、愛を不当な扱いのあるところには、一致を疑惑のあるところには、信仰を誤っているところには、真理を絶望のあるところには、希望を暗闇には、光を悲しみのあるところには、喜びを持って行くことができますように慰められることを求めるよりは、慰めることを理解されることよりは、理解することを愛されるよりは、愛することを求める心をお与えください。

小さなことに誠実になりなさい。その中にこそ、私達の力はあるのですから。慈悲深い神にとって、小さなものは何もありません。なぜなら、神はとても大きいからです。そして、人間はとても小さいのです。だからこそ、神へのわたしたちの愛を証明する機会を与えてくださるために、あえて神は身をかがめられて、わたしたちにとっての小さなことをわざわざ引き起こして下さるわけなのです。小さなことを引き起こすのは神なのですから、小さなものは本来とても大きいのです。神は小さなことは何も行うことはできません。神のなさることは、全てが無限なのです。

イエスはあなたの近くに、あなたとともにいます。ランプに火をともしていれば、いつでもイエスを見ることができます。愛の小さなしずくのすべてでランプを満たしていれば、あなたが愛する主がどんなに甘美かわかります。満ち足りた心は、私たちのまなざし、触れ方、書くものの中、話す内容、歩き方、受けとり方、奉仕の仕方などに表れます

私たちの清貧のひとつの表れは、繕いものに出ているといってもよいでしょう。破れたときはできるだけ上手に繕います。街や修道院のまわりを破れたサリーをそのまま着て歩き回ることは、清貧の徳の証にはなりません。私たちは自分たちの体が、精霊の神殿だということを忘れてはいけないのです。それ故に私たちは、恥ずかしくないようにきちんと繕われた衣服を身につけて体への尊敬を表すのです。

他人をとがめる資格が私たちにあるのでしょうか。確かに正しくないと思うことをしている人たちがいます。でも、なぜそうしているかという理由はわかりません。イエスは、人を裁くなと言われました。もしかしたら、他人の誤った行いの責任は、私たちにあるのかもしれないのです。皆、私たちの兄弟姉妹であることを忘れないでいましょう。非難する前に、自分の心の中を見つめる義務が私たち一人一人にあります。

Meigenbot

Meigenbot運営👍

Comments are closed