立川談志

立川 談志の名言集

型ができてない者が芝居をすると型なしになる。メチャクチャだ。型がしっかりした奴がオリジナリティを押し出せば型破りになれる。どうだ、わかるか?難しすぎるか。結論を云えば型をつくるには稽古しかないんだ。

己に自信の無い奴が常識に従う。不安を持つから動き出す。人生なんて食って、寝て、やって、終わり。

法律はお互いの信頼関係における裏切り。

努力とは、馬鹿に与えた夢である。

賢い奴は何も言わなくても解ってる。馬鹿は言っても解らない。

努力して良くなるなら、世の中みんな良くなってるはずですよ。

一緒になって同意してくれる仲間がいれば更に自分は安定する。

就職なんて心配するな。落語家になってしまえ。

成り行きで来ちゃった。あっという間だったけど、感慨があるかと問われれば、ないっ。

居眠りだけでなく、その前に雑談などもあって切れた。客と芸人の空間を理解してくれた裁判官に敬意を表したい。

考え抜いてやることを悪知というんだ…そして感じたものをそのまま実行するのを英知という。

このまま行くと落語が能や狂言と同じ道を辿るのは確かなようである。

「怒りとは共同価値観の崩壊」怒りは、相手の寛容さに対する誤認。

酒は人間を悪くするものではなく、人間がいかにダメなものかを教えてくれるものである。

文化レベルの低い所ほどこういう立派な会館建てるんだよな。

落語は忠臣蔵の四十七士じゃなく、逃げちゃった残りの赤穂藩士二百五十三人が、どう生きるかを描くもんだ。

何もわからないんだから。3年先輩の横山ノックのとこに相談に行った。「夜も寝ないで勉強した」と言ってたね。勉強したことはしたけど、わかったか、わかってなかったは知らないよ

快適さを精神において追求するのが文化で、物質に頼って求めるのが文明である。

人間は自分を安心させるためにいろんなところに帰属するし、他人を見る時どこかに帰属させることで安心します。

煙草をやめるなんてのは、意志の弱い奴がすることです。

尊敬されて、仕事があって、発想も、状況を把握できる頭脳もまだある。それを幸せと言わずして何というか。

誰かが昔言った。談志さんは何も言わなくていいのですよ、高座に座っていてくれればネ。昔、俺も同じことを志ん生に言ったのだ。勿論本気で言ったのだが。てめぇがそうなるとはつゆ思わなかった。

「執着」「執念」というのが、「好きの虫」のすんでるところです。

現実が事実だ。お前が頑張っているのはわかっているが、結果が出てないじゃねえか。

己が努力、行動を起こさずに対象となる人間の弱みを口であげつらって、自分のレベルまで下げ行為、これを嫉妬というんです。一緒になって同意してくれる仲間がいればさらに自分は安定する。本来なら相手に学び、抜くための行動、生活を送ればそれで解決するんだ。しかし人間はなかなかそれができない。嫉妬している方が楽だからな。芸人なんぞそういう輩の固まりみたいなもんだ。だがそんなことで状況は何も変わらない。

俺は馬鹿に嫌われるのが得意だ。

家に帰って立川談志という人に叱られたと親に言え!でも、まあ、てめえみたいなバカの親だから知らねえかもな。

いろんなことをやっているのはすべて寄席に客を呼ぶためだ。

がんはそんなばかなやつじゃないと思うんだけどな。俺が死ねば自分たちも死んじゃうんだから。

幸運な人生の人には敗者、弱者の心情はわからない。

よく「芸を盗む」とかいうが、あれは嘘だ。盗む方にもキャリアが必要だ。時間がかかるんだ。教える方に論理力がないから、そういういいかげんなことを言うんだ。

勝負はこうでなくちゃ面白くねえ。長かったなあ。さあこい、これからが男のスタートだ。

落語は人間の小ささを大切にする。始末の悪さ、愚かさをそのまま語る。こういう人間の業を肯定してしまうところに、落語の物凄さがある。

小言というのは、己の「不快感の瞬間的発散」であって、「教育」とは違う。

家の塀を偉そうな顔して猫が通りやがる。不愉快だ、空気銃で撃て。ただし殺すな。重傷でいい。

師弟とは価値観の共有である

天才とはレオナルド・ダ・ヴィンチと手塚治虫のことをいう。

鳥もちとへ理屈は、どこにでもひっつく。

人間関係は良い誤解か、悪い誤解。

自殺ができないってことになって..。本当の話だもん

前座として楽屋修業しないと一人前になれねえって?冗談言うな。修業はどこでもできるんだ。オレのいる所、そこがすなわち修業の場だ。安心しろ、寄席がなくてもいい落語家になれることをオレが証明してみせる。

よく覚えとけ。現実は正解なんだ。時代が悪いの、世の中がおかしいと云ったところで仕方ない。現実は事実だ。そして現状を理解、分析してみろ。そこにはきっと、何故そうなったかという原因があるんだ。現状を認識して把握したら処理すりゃいいんだ。その行動を起こせない奴を俺の基準で馬鹿と云う。

落語とは人間の業の肯定。

夫婦はエゴイズムのバランスが取れてれば最良。

馬鹿はとなりの火事より怖い。

おれが死んだら、喜ぶやつがいっぱいいる。

結婚とは永久売春契約である。

何の職業でもいいのだけれど、そうなれる資格、レベルに自分をもっていく道筋がどうもあやふや。好きなことをやり、それで食えるようになりたい、だからそこに向かって賢明になるはずが、現代はアルバイトで食えてしまう。それは楽なごまかしになっていくのではないだろうか。

冒険家、危険にたいして判断がにぶい奴。

人間という不完全な生物が生まれ、知恵を持っていたから火をおこし、雨風を防ぎ、絶滅せずにきた。そのうち好奇心が芽生え、いい好奇心を文明と呼び、悪い好奇心を犯罪と呼んだ。いいも悪いもそれが人間の業じゃねえか、しょうがねえじゃないと肯定してくれる非常識な空間が悪所といわれる寄席であった。

上品=欲望にたいして動作がスローモーな奴。

なにしろ老いの初心者だから。

馬鹿とは状況判断のできない奴のことをいう。

修業とは矛盾に耐えることだ。

学問の量にしがみつくな。

天狗になるくらいでなきゃあ駄目じゃないかと思ったね。青臭いかもしれないけど、天狗になってるときの芸は威勢がいいんですよ。

評価は他人がするものだ。

悩み、考え、挫折し、また演る。

死刑廃止論者から殺せ。

癌は未練の整理にいい。

イイ奴とは自分に都合のいい奴である。

死とは個の消えることへの恐怖。

学問とは貧乏人の暇つぶし。

クソを喰らって西へ飛べ。

落語はイリュージョンである。

未来とは、修正できると思っている過去。

江戸の風が吹くものを落語という。

お笑いに才能は絶対、必要だ。

田中というのは日本の安定です。だから日本の安定の田中を切るんじゃない。

不合理、矛盾に耐えること。それが修業

Meigenbot

Meigenbot運営👍

Comments are closed