モハメド・アリ

モハメド・アリの名言集

「不可能」とは、自らの力で世界を切り拓くことを放棄した臆病者の言葉だ。「不可能」とは、現状に甘んじるための言い訳にすぎない。「不可能」とは、事実ですらなく単なる先入観だ。「不可能」とは、誰かに決めつけられることではない。「不可能」とは、可能性だ。「不可能」とは、通過点だ。「不可能」なんて、ありえない。

俺はトレーニングが大嫌いだった。でも、自分にこう言い聞かせたんだ。「絶対にあきらめるな。今は耐えろ。そして残りの人生をチャンピオンとして生きろ」。

私ほど偉大になると、謙虚になることは難しい。

他者に貢献することは、この地球でのあなたの居場所に払う家賃である。

人間として大きくなればなるほど、それをあえて他人に証明する必要は無くなるのです。

人間が困難に立ち向かう時に恐怖を抱くのは、信頼が欠如しているからだ。私は自分を信じる。

50歳の時点で、20歳のときと同じように世界を見ている人間は、人生の30年を無駄にしたということだ

あなたは世界一のゴミ収集人になれる。世界一のモデルにだってなれる。たとえ何をやろうと、それが世界一なら何も問題はない。

想像力のない奴に、翼は持てない。

私は蝶のように舞い、蜂のように刺す。奴には私の姿は見えない。見えない相手を打てるわけが無いだろう。

あなたが、私に対して、なって欲しいという者に、私はなる義務がない。

チャンピオンはジムで作られるものじゃない。彼らの奥深くにある「何か」で作られるんだ。例えば願望、夢、ビジョン。そのためにはどんな土壇場でも耐えるスタミナと、少しばかりのすばしっこさ、そして技術と意志が必要だろう。だが意志の力はどんな技術よりも更なる強さを与えてくれる。

リスクを取る勇気が無い者は、人生において何も達成することが出来ない。

肯定の繰り返しが信念につながる。その信念が深い確信になると、物事が実現し始める。

友情は、この世でもっとも説明しづらいものだ。それは学校で教えてくれるものじゃない。でもその意味を知らなければ、実際何ひとつ知らないのと同じだ

いかなる理由があろうとも、殺人に加担することはできない。アラーの教えに背くわけにはいかない

もし俺を倒すなんて夢を見ているのなら、さっさと目を覚まして俺に謝った方がいい

私が心から恐れるのは神の法だけだ。人が作った法はどうでもいいと言うつもりはないが、私は神の法に従う。何の罪も恨みもないべトコンに、銃を向ける理由は私にはない。

私の一番つらかった戦いは、最初の妻とのものだ。

これからのこの国がどうなるのかは、君たち白人の双肩にかかっている。よく考えて欲しい。答えは君たち自身の中にある。

人生はボクシングと似ている。問題は倒れることではなく、倒れたときに立ち上がろうとしないことだ。

人生はボクシングと似ている。問題は倒れることではなく、倒れたときに立ち上がろうとしないことだ。

自分はダメだと思えば、その時点から自分はダメになる。

チャンピオンは、最後の一瞬のためのスタミナを備えていなければならず、他者よりほんの少し俊敏さに勝っていなければならず、技と意志力を備えていなければならない。そしてその意志力が技に勝っていなくてはならない。

チャンピオンというものはジムの中で作られるものではない。チャンピオンというものは、彼らの奥深くにある何か、強い願望、夢、理想像から作られるのだ

他者に貢献すること。それは、この地球に住むための家賃みたいなもの。

不可能とは、自らの力で世界を切り開くことを放棄した臆病者の言葉だ。

打ち負かされるのがどういうことか、というのを知っている人間だけが、ドン底の状態からわずかながらも相手より強い力をつけて這い上がり、僅差の勝負を勝利に導くことができる。

俺が最強だ!自分で意識する前から俺は最強だったんだ。

草は茂り、鳥は空を飛び、波は砂を洗う。それと同じように、俺は人を殴る。ボクシングは俺に課された自然の役割さ。

ボクシングとは、2人の黒人が殴り合うのをたくさんの白人が見物する見世物さ。

負けを知っている者だけが、自身の魂の奥底まで到達することができ、ほんのわずかな力を身につけて這い上がってくる。そのわずかな力の差が、試合が五分五分の時に、勝利へと導くのだ。

カビの生えたパンからペニシリンを作ることができるのなら、君の中からも間違いなく何かを生み出せるはずだ。

俺はアリゲーターと取っ組み合った。俺はクジラと格闘した。稲妻に手錠をかけ、雷を牢屋へ放り込んだ。俺はワルだ。つい先週は、岩を殺し、石を傷つけ、レンガを病院送りにしてやった。俺は薬も病気にするような悪党さ。

言っていることをやってのける力の裏付けがあるのなら、それは自慢ではない。

黒人の徴兵率は30%。白人は10%。なぜだ?

オレたち黒人が戦うべき本当の敵はベトコンじゃない。日本人でも中国人でもない。300年以上も黒人を奴隷として虐げ、不当に搾取し続けたお前たち白人だ!

おれは神話をつくり、神話に生きる。

誰かがやるはずだった。自分がその誰かになりたかった。

困難に挑戦することを人に恐れさせるものは信頼の欠如だ。私は自分を信じている。

他人が望む人間ではなく、私は私がなりたい人間になる。

俺がなんでわざわざ1万マイルも離れた貧しい国まで出かけて行って、白人が有色人種を支配し続けるために人殺しをし、国を焼き払うのを手助けしなきゃならないんだ?

家では俺もおとなしくしているさ。でもそんな姿は世間に見せたくない。おとなしい人間は大成しないってことを悟ったのさ

俺は最強じゃない。最強の2倍強いんだ。ただ敵をノックアウトするだけでなく、どのラウンドで倒すかを決められるんだ。

俺には俺の信じる道がある。他人が思うような人間に俺はならない。俺は俺の道を行く。

そのことをあなたの精神が思い描き、心がそれを信じられるなら、達成することは可能だ。

日数を数えるな。日々を有意義なものにせよ。

闘いの中に喜びはないが、勝てて嬉しかった闘いはある。

俺を愛するように、みんなに他の人たちを愛してもらいたいと思う。そうすれば、より良い世界になるだろう。

カシアス・クレイは奴隷の名前だ。俺はそんなものを選ばないし、そんな名前はいらない。俺の名前はモハメド・アリという、自由な名前だ。俺に話しかけたり、俺のことについて話す時には、この名前を使うよう求める。

俺は自分が誰よりも偉大だと思っている。自分で意識する前から、そう言っていた。何度も言っていたら、他の人たちも、俺が本当に偉大だと信じるようになったんだ。

何のリスクも取れない人間に、成し遂げれることなど、何一つ無いのです。

友情。それは学校で学ぶものではない。しかし、もし友情の意味をまだ君が学んでいないとしたら、君は本当に何も学んでいないということだ。

実力さえあれば何を言ってもいいんだ。

良い返答を思いつかないとき、沈黙は金だ。

私は神話を作り、神話の中で生きる。

オレがベトコンを殺しに行く理由は何もない。

Meigenbot

Meigenbot運営👍

Comments are closed