ダーウィン

チャールズ・ダーウィンの名言集

最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。

科学者は希望や愛情を捨てて、石の心を持つべきだ。

一時間の浪費をなんとも思わない人は、人生の価値をまだ発見してはいない。

わたしが科学で成功した最も重要な点は、科学への情熱と長い探求を続けてきたことにある。

自然淘汰とは、有用でさえあれば、いかに小さな事であろうとも、保存されていくという原理である。

私は名声を得るために自分の道から1インチなりともはずれたことはなかった

無知というのは、しばしば知識よりも確信に満ちている。科学によってこれやあれやの問題を解決することは絶対にできないと主張するのはきまって知識がない人である。

生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである。

1時間を無駄に過ごすような人間は、まだ人生の貴重さを発見していない。

私は、できるだけ一生懸命に、できるだけよくやったのだ。誰もこれ以上にはできない。

有利な個々の変異を保存し、不利な変異を絶滅すること。–これが自然淘汰である。

ブランデーを飲んで酔っ払ったことのあるアメリカザルは、もう二度とそれに手をつけようとはしない。人間よりはるかに頭がいいということだ。

この理論が受け入れられるのには種の進化と同じだけの時間がかかりそうだ。

ある人の友人関係は、その人の価値を測る最も適切な物差しのひとつである

人は自然が与えたすべての特徴を美化し、ときには誇張したがる。

もう一度人生を生きれるのなら、私は少なくとも週に一度は詩を読み、音楽を聴く習慣を設けるだろう

同じ種類の鳥が、繁殖するうち、2種に変わったに違いない。動物は生活に適するように変化するのだ。

おお、それは僕に死ねと言うのと同じだよ。科学こそ生きがいなのだ。

自分が事実の山をすりつぶして、一般法則をしぼりだす機械か何かになったような気がする。

科学とは事実を整理すること。それによって普遍的な法則あるいは結論を見出せる。

赤面の表情は、最も特有で、最も人間らしい感情表現である。

科学者たるもの、願望や愛着を持つべきではない。ただ石のごとき心を持つべきだ。

知性とは、ある種が生き残るために必要な物事をどれだけ能率的にこなせるようになるかに基づく。

先生はサルから進化したと言われるが、おじい様の先祖か、おばあ様のほうからですかな?

誰が正しいか、ではなく、何が正しいかが重要だ。

我々が「自分自身の思考は自らによって統べられるべきである」と自覚したときに、精神的な文化は更なる高みへと達するだろう。

愚者の実験が好きで、私は常にそれを行っている。

原因を探求し続ける力が、人を発見者にする。

私には、他人の指揮に盲目的に従うような傾向はない。

人口は幾何級数という比例で増加するが、食物は等差級数でしか増加しない。

死ぬことは、ちっとも怖くない。

Meigenbot

Meigenbot運営👍

Comments are closed