キング牧師

キング牧師の名言集

アメリカ合衆国のプロテスタントバプテスト派の牧師である。

キング牧師(キングぼくし)の名で知られ、アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者として活動した。 「I Have a Dream」(私には夢がある)で知られる有名な演説を行った人物。

1964年のノーベル平和賞受賞者。

本人死後、2004年の議会名誉黄金勲章受章者。アメリカの人種差別(特にアフリカ系アメリカ人に対する差別)の歴史を語る上で重要な人物の一人である。

https://www.instagram.com/p/CBc1JEJhKjV/

誰かのためになるのに、学位は要らない。誰かのためになるのに、主語と述語を揃える必要もない。ただ、思いやりに溢れた心さえあればよい。愛によって生まれた魂さえあればよい。

私たちには、今日も明日も困難が待ち受けているが、それでも私には夢がある。

疑わずに最初の一段を登りなさい。階段のすべてが見えなくてもいい。とにかく最初の一歩を踏み出すのです。

人は兄弟姉妹として、共に生きていく術を学ばなければならない。それが出来なければ、私たちは愚か者として共に滅びることになる。

人は何のために生きているかをいつも考えておかなければいけません。この問題が解決されていれば、その人は死についてあまり考えなくなります。

心の中に夢をしまっておく場所をいつも空けておきなさい。

愛は敵を友人に変えることのできる唯一の力だ。

圧制者の方から自由を自発的に与えられることは決してない。しいたげられている人間の方から要求しなくてはらないのだ。

真の平和とは、単に緊張がないだけではなく、そこに正義が存在することである。

問題になっていることに沈黙するようになったとき、我々の命は終わりに向かい始める。

私たちは、限りある失望を受け入れなければならない。しかし無限なる希望を失ってはならない。

この世で本当の無知と良心的な愚かさほど危険なものはない。

最大の悲劇は、悪人の暴力ではなく、善人の沈黙である。沈黙は、暴力の陰に隠れた同罪者である。

あなたが正しいとき、過激になりすぎてはいけない。あなたが間違っているとき、保守的になりすぎてはいけない。

人を許すことを覚え、身につけなければいけません。許す力量のない者には、愛する力もありません。最悪の人間にもどこか取り柄があるように、最高の人間にも悪い面はあります。これがわかれば、敵を憎む気持ちが薄れます。

本当の人間の価値は、すべてがうまくいって満足しているときではなく、試練に立ち向かい、困難と戦っているときにわかるものだ。

私たちは、ヘビの強靱性とハトの柔軟性を兼ね備えなければならない。不屈の精神と優しい心を

「目には目を」という古い法を守っていたら、世の中の人々はみんな目が見えなくなってしまう。

ほとんどいつも、創造的でひたむきな少数派が世界をより良いものにしてきた。

闇は、闇で追い払うことはできない。光だけがそれを可能にする。憎しみは憎しみで追い払うことはできない。愛だけがそれを可能にする。

人間はだれでも、創造的な利他主義という光の道を歩むのか、それとも破壊的な利己主義という闇の道を歩むのか決断しなければならない。

幸せを探そうとしない人は、もっとも確実に幸せを見つけるようです。なぜなら、幸せを探す人は、幸せになるもっとも確実な方法を忘れているからです。それは、他人の幸せを探すということです。

人は「発言する」ことにのみならず、「発言しない」ということにも責任を持たなければならない。

暴力は憎しみを増すだけである。憎しみはそのまま残る。暴力に対して暴力を持って報いれば、暴力は増加するだけである。

結局、我々は敵の言葉ではなく友人の沈黙を覚えているものなのだ。

人の真価がわかるのは、喜びに包まれている瞬間ではなく、試練や矛盾に立ち向かうときに示す態度である。

地獄の一番熱い場所は、重大な倫理上の争いの中にあって中立の立場をとり続ける人間のために用意されている。

悪を仕方ないと受け入れる人は、悪の一部となる。悪に抵抗しない人は、実は悪に協力しているのだ。

人生で最も永続的でしかも緊急の問いかけは、「他人のために、いまあなたは何をしているか」である。

科学の力が、私たちの精神的な力をしのいでいる。私たちはミサイルを正しく撃つことはできても、人間を正しく導くことはできないのです。

人は、個人的な狭い関心事を越え、人類全体に関わる広い関心事に向かうようになって初めて本当の人生を歩み始めるのである。

黙って服従することは、しばしば安易な道ではあるが、決して道徳的な道ではないのだ。それは臆病者の道なのだ。

長い階段をのぼる時、その階段の全てが見えてなくても良いのです。大事なのは目の前にある一段をのぼることです

これがわれわれの希望である。この信念を抱いて、私は南部へ戻って行く。

どこにおける不正であっても、あらゆるところの公正への脅威となる。

真のリーダーとは、合意を探す者ではなく、合意の形成者となる者である。

最後には、我々は敵の言葉など思い出すことはない。思い出すのは友人の沈黙である。

人のために何かをすることで、誰もが素晴らしい人になれます。

すべての進歩は不安定であり、一つの問題を解決しても、我々はまた他の問題に直面することになる

正しいことをするとき、頃合いを見る必要はないのです。

おそらく人生で最も罪深いことは、正しいことだと知りつつそうしないことだ。

もし世界が明日終わるのだとしても、私は今日りんごの木を植える。

自由の鐘を打ち鳴らそう、ミシシッピー州のすべての丘やほんの小さな塚からも。

憎しみは人生を麻痺させる。だが愛は人生を解放する。

人は死んでも、その人の影響は死ぬことはない。

私にはしなければならない仕事がある、死を恐れてなどいられない。たとえ私が命を失っても、私の死は無駄にはならないはずだ。

もし明日、世界が砕け散ってしまうとしても、私は自分のりんごの木を植え続けることでしょう。

命を掛けてもいいと思えることをまだ見つけていない人間は、本当に生きているとは言えない。

私には夢がある、それは、いつの日か、この国の国民が立ち上がり、「われわれは、すべての人間は平等に造られいることを自明の真理とみなす」というこの国の信条を真の意味で実現させるという夢である。

私には夢がある。それは、いつの日か、私の4人の幼い子どもたちが、肌の色によってではなく、人格そのものによって評価される国に住むという夢である。

私には夢がある。それは、邪悪な人種差別主義者たちのいる、州権優位や連邦法実施拒否を主張する州知事のいるアラバマ州でさえも、いつの日か、そのアラバマでさえ、黒人の少年少女が白人の少年少女と兄弟姉妹として手をつなげるようになるという夢である。

これから何が起きようとしているのか私にはわかりません。私たちの前途に困難な日々が待っています。でも、今となっては、私にはどうでもよいことなのです。

私はただ神のご意志を実現したいのです。神は、私が山に登るのを許されました。そして私は山の向こうに約束の地を見たのです。

この状況はなんとしても打開するし、打開されるだろうということを信じて。

私たちは、また、アメリカに今の激しい緊急性を思い出させるために、この神聖な場所に来ているのです。

自由の鐘を打ち鳴らそう、ペンシルヴァニアにそそり立つアレゲニーの山脈からも。

アメリカン・ドリームに深く根ざした夢なのです。

闇で闇を追い払うことはできない。光のみがそれを成し得る。

人生における最も大事な問いかけは、「自分は他人のために何をしているか」。

人生の意義は、あなたが人生から逃れることでなく、何を与えるかなのです。これがわかれば人生は豊かになります。

絶望の谷間でもがくことをやめよう。友よ、今日私は皆さんに言っておきたい。われわれは今日も明日も困難に直面するが、それでも私には夢がある。それは、アメリカの夢に深く根ざした夢である。

私には夢がある。それは、いつの日か、ジョージア州の赤土の丘で、かつての奴隷の息子たちとかつての奴隷所有者の息子たちが、兄弟として同じテーブルにつくという夢である。

私には夢がある。それは、いつの日か、不正と抑圧の炎熱で焼けつかんばかりのミシシッピ州でさえ、自由と正義のオアシスに変身するという夢である。

私には夢がある。それは、いつの日か、あらゆる谷が高められ、あらゆる丘と山は低められ、でこぼこした所は平らにならされ、曲がった道がまっすぐにされ、そして神の栄光が啓示され、生きとし生けるものがその栄光を共に見ることになるという夢である。

私は山の頂上に達したからです。だから私は気にしない。皆さんと同じように、私も長生きがしたいものです。長寿とはよいことです。でも、今となれば私にはどうでもよいことなのです。 3キング牧師の名言

私は皆さんと一緒にそこにたどり着けないかもしれない。しかし、今夜、皆さんにわかって欲しい。私たちは、ひとつの民として必ずや約束の地に到達するということを。

今夜、私は幸せです。私は何も心配することはなく、誰をも恐れてはいないのです。私の眼は、神の再臨の栄光をみたのです

たとえ命を投げ出してでも達成したい目標が見つからないなら、生きている意味がない。

自由の鐘を打ち鳴らそう、ニューハンプシャー州の巨大な丘の頂から。

全能の神に感謝しよう。ついに我々は自由になったのだと。

戻ろう北部の街のスラムやゲットーに

すべての山々から、自由の鐘を打ち鳴らすのだ。

絶望の谷を彷徨うのはもうやめましょう。

我々は今、人種差別撤廃という約束の地への境界線上に立っています。古い秩序は過ぎ去り、新しい秩序が訪れようとしています。我々はみなこの秩序を受け入れ、世界社会のなかで兄弟として生きることを学ぶべきです。でなければ、みな滅ぶしかないのです!

そのために死ねる何かを見つけていない男は、生きるのにふさわしくないのではないか。

嘘は、生き続けることなどできない。

人生の意義は、何を与えるかで決まります。

戻ろうサウスカロライナ州へ。

今こそ、全ての神の子が実際に正義を手にするときです。

最初の一歩を踏み出しなさい。階段全体を見る必要はない。ただ、最初の一段を上がりなさい。

今こそ、民主主義の約束を実現するときです。

Meigenbot

Meigenbot運営👍

Comments are closed