ナイチンゲール

フローレンス・ナイチンゲールの名言集

イギリスの看護婦、社会起業家、統計学者、看護教育学者。

近代看護教育の母。病院建築でも非凡な才能を発揮した。

クリミア戦争での負傷兵たちへの献身や統計に基づく医療衛生改革で著名。

国際看護師の日(5月12日)は彼女の誕生日である。

ロンドンの聖トーマス病院に付属してナイチンゲール看護学校を設立、これは世界初の宗教系でない看護学校であり、現在はキングス・カレッジ・ロンドンの一部となっている。

ギリシア哲学についても造詣が深く、オックスフォード大学のプラトン学者、ベンジャミン・ジョウェット(英語版)とも親しく交流した。

私は、人の想いというものが言葉に変わることで無駄になっているように思います。人の想いは皆、結果をもたらす行動に変わるべきだと思います。

人の気持ちはそれが言葉になるとただ空しく失われてしまう。どんな気持ちでも行動に、しかも結果を生む行動に移さなければならない。

人生でもっとも輝かしい時は、いわゆる栄光の時でなく、落胆や絶望の中で人生への挑戦と未来への完遂の展望がわき上がるのを感じたときだ。

人生を二度、生きることが出来たらどんなにいいか。一度は過ちを犯すため、二度目は犯した過ちから学ぶために。

あなた方は進歩し続けない限りは退歩していることになるのです。目的を高く掲げなさい。

命を奪われた男たちの前に立って思う。生きている限り、彼らを死に追いやった相手と戦い続けると。

今年で30歳になる。キリストが伝道を始めた歳だ。もはや子供っぽいことは終わり。無駄なことも、恋も、結婚も。

人生を生きるには、修練が必要です。「まずまずの目的、過ち多き行為、ぐらぐらしている意志」のうちに人生をうやむやに過ごしてはなりません。

価値ある事業は、ささやかな、人知れぬ出発、地道な労苦、向上を目指す無言の、地道な苦闘といった風土のうちで、真に発展し、開花する。

物事を始めるチャンスを、私は逃さない。たとえマスタードの種のように小さな始まりでも、芽を出し、根を張ることがいくらでもある。

天使とは、美しい花をまき散らす者ではなく、苦悩する者のために戦う者のことだ。

立派な男性が求婚すれば、女性がそれを受諾しない理由はない、という考えにはまったく賛成できない。

恐れを抱いた心では、何と小さいことしかできないことでしょう。

私たちは、自分が誉められるためにではなく、私たちが選んだこの仕事に名誉をもたらし、それを前進させるために、心を打ち込んで事を成し遂げていこうではありませんか。

私の成功のもとはこれだ。決して弁解したり、弁解を受け入れたりしなかったこと。

子を失う親のような気持ちで、患者に接することのできない、そのような共感性のない人がいるとしたら、今すぐこの場から去りなさい。

人生は呑気な楽しい休日でも、気の利いたことが記されている書物でもありません。

どんな仕事をするにせよ、実際に学ぶ事ができるのは現場においてのみである。

最も上手に人をおさめるのは、自分の責任下にある人々を愚かに甘やかすのではなく、その人のためになること、その人にとって最高の利益になることを、親身になって考える人です。

愛というのは、その人の過ちや自分との意見の対立を許してあげられること。

看護を行う私たちは、人間とは何か、人はいかに生きるかをいつも問いただし、研鑽を積んでいく必要がある。

病院の第一の条件は、患者に害を与えないことである。

私はすべての病院がなくなることを願っています。

構成員の奉仕の精神にも頼るが、経済的援助なしにはそれも無力である。

他によいものがなかったのでそのコトバを看護と言う

自分の命より大切なものが多くなると、人間、気苦労が多くなる。

すべてを思い通りに成し遂げるのでなければ、何もなさなかったと同じなのである。

人の思いは、言葉に変わることで無駄にされているように、私には思えるのです。

ともかくもその人の行動の動機となる力、それが信仰なのです。

人間の言葉のうちで「私は知りません」ほど情けない言葉はありません。

それらは皆、結果をもたらす行動に変わるべきものなのです。

男は女に嘘をつくことばかり教え、また女に対して嘘ばかりついている。

死んだ女よりもっとかわいそうなのは忘れられた女です。

生きる意味など知らないままでいい、いつか笑える日が来るのならば。

酒には飲みたくて飲む酒と、飲む必要があって飲む酒がある。

情熱は川や海に似ている。浅いものはつぶやき、深いものは黙している。

人を愛するには、相手の魂に向かって旅をしなければならない。

将来のことを考えていると憂鬱になったので、そんなことはやめてマーマレードを作ることにした。オレンジを刻んだり、床を磨いたりするうちに、気分が明るくなっていくのには全くびっくりする。

人に対する批判的な心をやわらげる最良の方法は、自分が批判している相手の役に立とうと努めることです。私自身の経験からそう申し上げることができます。

人間は一生に一度きりではなく、一日ごとに気持ちを改めていかなければならない。

すべての物事は、それにつぎ込んだ努力にほぼ等しい成果があるものだ。

わたしであっても一つは得意だと思う能力は持っているものだ。この世界には100万以上の仕事があるといわれているが、そのどれもが自分が合わないなどということはあり得ないのである。

経験をもたらすのは観察だけ。観察をしない女性が、50年あるいは60年病人のそばで過ごしたとしても、決して賢い人間にはならないであろう。

そこに明確な行動が伴っていなければ、思いを十分に伝えることは難しいと思う。

好かれたから好きになるのではない。好きだから、好かれたいのだ。

愚か者からの賛同は批判よりも迷惑である。

人間の値打ちはどの宗教を信じるかではなくて、ただその人の行いによって決まるのだ。

私の人生観は単純だ。すなわち目をそむけることなく人生と折り合っていくということだ。

優秀な人間がまずい計画の欠陥を修正することはできても、その逆はまず不可能である。

無能なる者は、時や場所の壁を越えて存在する。

歴史の目的は、過去の実例によってわれわれの欲望とか行動を導くような知識を教えることにある。

貧者が富者を嫉み、富者が貧者を怖れることは、永久に絶えないだろう。

自由に気付いていない時こそ、人間は一番自由である。

我々は、過去を知らないばかりに、自分の生きる時代を中傷する。人間はかれこれずっとこんな調子できたのである。

痛みと喜びは、光と影のように交互にやってくる。

最後にいえるのは、自分に関わっている時間をどう使い、やりたいことを遂げるかは、すべてわたしにかかっている。

人間は、休息取ろうとして披露していく。

女性よ自立しなさい。自分の足で立ちなさい。

経験をもたらすのは観察だけなのである。

人生とは戦いであり、不正との格闘である。

進歩のない組織で持ちこたえたものはない。

私は地獄を見た。私は決してクリミアを忘れない。

老いてなお、気骨あるものは賞すべきかな。

人はその人が考えた通りの人生を生きる。

何かに対して「使命」を感じるとはどういうことであろうか?それは何が「正しく」何が「最善」であるかという、あなた自身がもっている高い理念を達成させるために自分の仕事をすることであり、もしその仕事をしないでいたら「指摘される」からするというのではない、ということではなかろうか。これが「熱中するということ」であり、自分の使命を全うするためには、誰もがもっていなければならないものなのである。

総婦長は病院中で最もすぐれた看護婦である。

病院は患者に害を与えてはならない。

Meigenbot

Meigenbot運営👍

Comments are closed