徳川家康

徳川 家康の名言集

戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・戦国大名・天下人。

安祥松平家9代当主で徳川家や徳川将軍家、御三家の始祖。旧称は松平 元康(まつだいら もとやす)。 戦国時代に終止符を打ち、朝廷より征夷大将軍に任ぜられ江戸幕府を開く。

三英傑のひとり。

家系は三河国の国人土豪・松平氏。幼名は竹千代。

通称は次郎三郎のちに蔵人佐。諱は今川義元より偏諱を受けて元信(もとのぶ)次いで元康と名乗るが、今川氏から独立した際に「元」を返上して家康に改める。

勅許され永禄9年12月29日(1567年2月18日)に徳川氏に改姓。

本姓は私的には源氏を称していたが徳川氏改姓と従五位の叙位に際し藤原氏と称し、豊臣政権では豊臣氏を称した形跡もあるが、天正16年(1588年)以降に源氏を再び称している。

View this post on Instagram

今日は、徳川家康氏の名言をご紹介します!😊 すべて見たい方はプロフィールリンクよりどうぞ…! ーーー 戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・戦国大名・天下人。 安祥松平家9代当主で徳川家や徳川将軍家、御三家の始祖。旧称は松平 元康(まつだいら もとやす)。 戦国時代に終止符を打ち、朝廷より征夷大将軍に任ぜられ江戸幕府を開く。 三英傑のひとり。 家系は三河国の国人土豪・松平氏。幼名は竹千代。 通称は次郎三郎のちに蔵人佐。諱は今川義元より偏諱を受けて元信(もとのぶ)次いで元康と名乗るが、今川氏から独立した際に「元」を返上して家康に改める。 勅許され永禄9年12月29日(1567年2月18日)に徳川氏に改姓。 本姓は私的には源氏を称していたが徳川氏改姓と従五位の叙位に際し藤原氏と称し、豊臣政権では豊臣氏を称した形跡もあるが、天正16年(1588年)以降に源氏を再び称している。 ーーー #Meigenbot #めいげんぼっと #徳川家康 #徳川家康公 #ieyasutokugawa #tokugawa #徳川 #名言 #格言 #悩み #人生 #迷い #将軍 #幸せ #心 #心理 #shogun #好調 #不調 #スポーツ #自己啓発 #ビジネス #勉強 #宗教 #名言シリーズ #名言セラピー #恋愛 #恋愛ポエム #恋愛相談 #成功哲学

A post shared by Meigenbot / めいげんぼっと (@meigenbot_official) on

不自由を、常と思えば、不足なし。心に望み起こらば、困窮したるときを思い出すべし。

勝つことばかり知りて、負くること知らざれば、害その身に至る。

多くを与えねば働かぬ家臣は役に立たぬ。また、人間は豊かになりすぎると、結束が弱まり、我説を押し通す者が増えてくる。

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なし、心に望み起こらば困窮したる時を思い出すべし。堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え。勝事ばかり知って負けることを知らざれば害その身にいたる。おのれを責めて人を責むるな。及ばざるは過ぎたるより勝れり。人はただ身の程を知れ、草の葉の露も重きは落つるものかな。

いつも不自由していると考えれば、不足などないのだ。

大事を成し遂げようとする者は、本筋以外のことはすべて荒立てず、なるべく穏便にすますようにせよ。

決断は、実のところそんなに難しいことではない。難しいのはその前の熟慮である。

いさめてくれる部下は、一番槍をする勇士より値打ちがある。

人生に大切なことは、五文字で言えば「上を見るな」。七文字で言えば「身のほどを知れ」。

あぶない所へ来ると、馬から降りて歩く。これが秘伝である。

大将というのは敬われているようで、たえず家来に落ち度を探られているものである。恐れられているようで、あなどられ、親しまれているようで、憎まれている。だから大将というのは勉強しなければならないし、礼儀をわきまえなければいけない。いい家来をもとうと思ったら、自分の食を減らしても家来にはひもじい思いをさせてはいけない。家来というのは録でつないではいけないし、油断させてもいけないし、近づけても遠ざけてもいけない。家来はほれさせなければならない。

愚かなことをいう者があっても、最後まで聴いてやらねばならない。そうしないと、聴くに値することを言う者が遠慮して言わなくなってしまう。

いくら考えても、どうにもならぬときは、四つ辻へ立って、杖の倒れたほうへ歩む。

世におそろしいのは、勇者ではなく、臆病者だ。

真らしき嘘はつくとも、嘘らしき真を語るべからず。

家臣を率いる要点は惚れられることよ。これを別の言葉で心服とも言うが、大将は家臣から心服されねばならないのだ。

一手の大将たる者が、味方の諸人の「ぼんのくぼ」を見て、敵などに勝てるものではない。

多勢は勢いをたのみ、少数はひとつ心に働く。

およそ人の上に立って下のいさめを聞かざる者の、国を失い、家を破らざるは、古今とも、これなし。

人間は、健康でありすぎたり、得意すぎたりする時にも警戒を要するのだが、疲れたおりの消極性もまた厳に戒めなければならない。

われ志を得ざるとき忍耐この二字を守れり。われ志を得んとするとき大胆不敵この四字を守れり。われ志を得てのち油断大敵この四字を守れり。

家臣を扱うには禄で縛りつけてはならず、機嫌を取ってもならず、遠ざけてはならず、恐れさせてはならず、油断させてはならないものよ。

道理において勝たせたいと思う方に勝たすがよし。

平氏を亡ぼす者は平氏なり。鎌倉を亡ぼす者は鎌倉なり。

人を知らんと欲せば、我が心の正直を基として、人の心底を能く察すべし。言と形とに迷ふべからず。

人質は長くとっておくと、親子であっても親しみが薄れて効果がなくなる。恩愛に溺れて人質を捨てかねるものである。

われ独り出頭して、一人して事を埒あけたがるように致す、これ大なる病なり。

放っておけ。それより書いてある内容が見たい。予のためになるものもあるだろう。

身分が低くお金もあまりない武士が具足をあつらえるときは、胴や籠手のほかは粗末なものでいい。だが、兜には念を入れ、良い物を付ける心得が必要だ。なぜなら討死にを遂げたとき、兜は首と一緒に敵の手に渡るからだ。

一軍の将たる者は、味方諸人のぼんのくぼばかり見ていて勝てる者にてはなし。

何の苦労もしないで手に入れた宝は、かえって失敗や破滅につながる。

堪忍は身を守るの第一なり。堪忍のなる事は、十全に至らねば家をも国をも起す事はならぬものなり。

ほしいという欲が出てきたときには、貧しかった時を思い出しなさい。

勝つことばかり知って負けることを知らなければ、弊害が自分に及ぶ。

人の一生は重い荷物を背負って長い道を行くようなものである。決して急いではならない。

一軍の将たるものは、前線に出ずに、後ろにいてばかりでは勝てるものではない。

されども将軍の政道その理にかなわず、億兆の民艱難することあらんにはたれにても其の任に代わらるべし。

はじめから主君に楯突こうと思っている者はいない。思い上がりと、恨みと、それから生じる欲心が謀反を起こさせるのだ。恨みのある心には悪事が寄り集まり、やがて主君の恩に背き不義を働き、父祖が積み上げた業績も棒に振って領地まで失ってしまう。これは足利将軍家の人々にもよくあったことだ。覚えておけ。

早まって相手の肚など考えてみぬものだ。相手の肚など推測してゆくと、いつかそれに捲きこまれて、わが身の都合を忘れてゆく。

戦いというものは潮どきがある。このあたりで一度敵の出鼻を叩いて見せぬと、士民も心細かろうし、敵も図に乗ろう。

一方を聞きて沙汰に及ぶ時は、格別の相違あるものなり。

智恵あるものは、己れ一人にて智恵を用ふるべからず、必ず仲間へも譲りて、誠信を尽すべし。

怠らず、行かば千里の外も見ん、牛のあゆみのよしおそくとも。

主君を諌める者の志は、戦いで手柄を上げるよりも素晴らしい。

我慢は平穏無事のもとである。怒りは敵と思え。

道具や武器はどれほど素晴らしいものであっても、大事なときには役に立たない。最大の宝は人である。

人の上に立つ者、下の忠告を聞かない者は、国を失い、家を滅ぼす。

わが命旦夕に迫るといへども、将軍斯くおはしませば天下のこと心安し。

たとへ他人天下の政務をとりたりとも、四海安穏にして万人その仁恵を蒙らば、もとより家康が本意にていささかもうらみに思うことなし。

い…いやあ怖い…ははは…怖いからそう思う前に夢中で飛び出してしまいましたわい。

人の一生というものは重い荷物を背負って遠い道をゆくが如し。

不足を常とすれば不足無し。心に欲求が生じたら困窮していた時を思い出すべし。

信玄のような武勇の大将は古今稀である。自分は若い頃から彼を見習いたいと思うことが多かった。信玄こそ、我らにとって武略の師であると言ってよい。

隣国に強敵があるのは幸いである。なぜなら、こちらは油断、怠りなく励み、また、かりそめの仕置きにも心を遣うゆえに、政治も正しくなり家も整う。もし隣国に強敵がなかったら味方は武力のたしなみを薄く、上下ともに己を高く思って恥恐れる心を持たぬ為、段々弱くなるものである。

人を用いるには、すべからくその長ずる所を取るべし。人それぞれに長ずる所あり、何事も一人に備わらんことを求むることなかれ。

重荷が人をつくるのじゃぞ。身軽足軽では人は出来ぬ。

人間はのう、最も多くの人間を喜ばせたものが最も大きく栄えるものじゃ。

戦いでは強い者が勝つ。辛抱の強い者が。

天下は天下の人の天下にして、我一人の天下とは思うべからず。国もまた、一国の人の国にして、一人の国にあらず。

我がために悪しきことは、ひとのためにも悪しきぞ。

人は負けることを知りて、人より勝れり。

最初に軽い者を遣わして埒があかないからといって、また重い者を遣わせば、初めに行った者は面目を失い、討ち死にをするほかはない。

私はケチだから麦飯を食べているわけではない。いま天下は乱れに乱れ、領民も安らかな日は一日もない。そんななか私一人が暖衣飽食などできるものか。私が麦飯を食っているのも、少しでも節約して軍資金に回すためなのだ。

怒ったときには、百雷の落ちるように怒れ。

明日はきっと一戦あるなというようなときは、首をよく洗っておけ。武士たるもの、生きているときは鬼神のように戦い、死しては誉を永遠に残せるよう心掛けよ。

真面目で、主君思いで、協調性もあり、勤勉な上に仕事もできる。そんな心と能力を持った人間はトップクラスの良臣だ。しかし、心ばえはそこまで良くなくても、何か優れた能力を持った者ならば採用すべきだ。

諸人の頭などをするいまどきの者で、軍略を立てて床几に腰をかけ、采配を持つ手さえ汚さずに、口先だけで戦に勝てるものと心得ているのは、とんだ考え違いだ。

久しく使ってないが切れ味を試してみよ。

我この剣を持って、ながく子孫を鎮護すべし。

主君に対する諫言は一番槍よりも値打ちがある。

足りないのは、しすぎることよりもいいのだ。

自分を責めても、人を責めてはいけない。

得意絶頂のときこそ隙ができることを知れ。

願いが正しければ、時至れば必ず成就する。

敵だというのも自制心を忘れた怒りである。

茶席に上も下もないこの揚げ屋にもな。

信玄のような敵将の死を味方が喜ぶ理はない。

Meigenbot

Meigenbot運営👍

Comments are closed