ボブ・マーリー

ボブ・マーリーの名言集

1945年2月6日 – 1981年5月11日、出生名ロバート・ネスタ・マーリー Robert Nesta Marley)は、ジャマイカ出身のレゲエミュージシャン。

レゲエの先駆者の一人とみなされており、レゲエ、スカ、ロックステディの要素を融合した曲作り、滑らかで独特な歌声と宗教的・社会的な作詞スタイルで知られる。

10年以上にわたるポピュラーカルチャーの世界的な人物としての活躍により、ジャマイカ音楽の世界的な認知度を高めることに貢献した。

また、彼はラスタファリの象徴、ジャマイカの文化とアイデンティティの世界的なシンボルとみなされている。

マリファナ合法化支持者であり、汎アフリカ主義。

史上最も売れている音楽アーティストの1人としてランク付けされ、推定売上高は世界中で7,500万枚を超え、彼の音楽と思想は数多くの人々に多大な影響を与えた。

View this post on Instagram

今日は、ボブ・マーリー氏の名言をご紹介します!😊 すべて見たい方はプロフィールリンクよりどうぞ…! ーーー 1945年2月6日 – 1981年5月11日、出生名ロバート・ネスタ・マーリー Robert Nesta Marley)は、ジャマイカ出身のレゲエミュージシャン。 レゲエの先駆者の一人とみなされており、レゲエ、スカ、ロックステディの要素を融合した曲作り、滑らかで独特な歌声と宗教的・社会的な作詞スタイルで知られる。 10年以上にわたるポピュラーカルチャーの世界的な人物としての活躍により、ジャマイカ音楽の世界的な認知度を高めることに貢献した。 また、彼はラスタファリの象徴、ジャマイカの文化とアイデンティティの世界的なシンボルとみなされている。 マリファナ合法化支持者であり、汎アフリカ主義。 史上最も売れている音楽アーティストの1人としてランク付けされ、推定売上高は世界中で7,500万枚を超え、彼の音楽と思想は数多くの人々に多大な影響を与えた。 ーーー #Meigenbot #めいげんぼっと #ボブマーリー #ボブマーリーの名言 #ボブマーリーの言葉 #名言 #格言 #悩み #人生 #迷い #スッキリ #幸せ #心 #心理 #深層心理 #好調 #不調 #スポーツ #自己啓発 #ビジネス #勉強 #宗教 #名言シリーズ #名言セラピー #恋愛 #恋愛ポエム #恋愛相談 #bobmarley #bobmarleyquotes #reggae Photo by GRAMMY.com

A post shared by Meigenbot / めいげんぼっと (@meigenbot_official) on

男の偉大さは、どれだけ富を得たかではなく、周りにいる人々に前向きな影響を与える誠実さと能力だ。

子供たちよ、もう泣くな。この自由の木を植えよう。なにが正しいかは、すべて、時が語ってくれるさ。

君の命には、黄金なんて比べ物にならないほどの価値がある。

雨を感じることのできる人もいれば、ただ濡れるだけの人もいる。

音に打ちのめされて傷付くものはいない。それが音楽のいいところさ。

自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。

後ろ向きなやり方では、とても生きては行けないよ。分かるかい。前向きに進むんだ。毎日が新しい日なんだから。

混乱でいっぱいの家の中に住むより、屋根の上で生きた方がいいね。

ひとつのドアが閉まっている時、もっとたくさんのドアが開いているんだよ。

世界を手に入れるために自分の魂を失うな。賢明さは金銀よりも価値がある。

指をさして人を非難する前に、君のその手がよごれていないか確かめてくれ。

誰もが、自分が望む生き方で、自分の人生を、精一杯生きていこう。

これからの明るい未来のなかでも、君は過去を忘れることはないんだ。だからもう、涙をふいて

俺たちには学はないけど、インスピレーションがある。もしも教育なんて受けていたら、とんでもない愚か者になっていたさ。

心配しなくていいんだよ。どんな些細なことでもすべてうまくいくからさ。

偉大な神が空から舞い降り、すべてを取り除き、みんなをハイな気分にさせてくれると言う奴もいる。でも、どんな人生に価値があるのか分かっているなら、君自身のものをこの世で探すんだ。

どうやって生きるかなんてことは、誰も他人に教えられないよ。それは、自分自身で見つけるものだ。

批判するな。自分自身を批判する前に。批判するな。批判する覚悟がないのなら。

もう、言葉は充分だろ。今すぐ、行動に移そう。

お前は逃げる。でも、自分自身からは逃げられない。

ひとつの愛、ひとつの心。みんなで一つになれば、いい気分になれるさ。

誰もがお前を傷つけるだろう。ただその痛みを受け入れるだけの価値がある誰かを見つけることが大切だ。

おまえの口からついてでる言葉が、お前を生かすのだ.おまえの口からついてでる言葉が、お前を殺すのだ。

キミは雨を愛していると言うけど、傘をさして歩く。太陽を愛していると言いながら、日陰に逃げこむ。風を愛しているのに、窓を閉じる。だから、愛していると言われるとこわいんだ

オレの人生を裁くアンタは何様だ?自分が完璧じゃないことは知ってる。完璧になんて、なろうともしていない。でも、人を指さす前に、自分の手が汚れていないのかよく見てみろよ。

一体誰が僕の生き方を否定できるのか?自分が完璧じゃないことは分かっているし、そうなろうともしていない。

この世の中をダメにしようとしている人間は、1日たりとも休もうとしない。だから僕は休まない。

誰かの悪口ばかりで、不機嫌でいたら、悪魔に祈りを捧げているのと同じだぜ。なぜ、助け合おうとしないんだ?そのほうが、もっと、楽になれるよ。

踊りたくなったら、踊ってくれ。俺達は自由だ。踊りたくなったら、こっちに来なよ。俺と踊ろう。

いま彼女が君を愛してくれているのに、何が問題だって言うんだ。

憎しみ、争い、嫉妬に、つかまるな。自分の想いを忘れずに、ビジョンを実現させるんだ。

道はでこぼこだらけだけど、旅は心底楽しいぜ。

目を覚ませ!そして、自分を解き放て!この雨が降っているうちに。

目を開けて、自分の心の内側を見るんだ。あなたは今の人生に満足しているか?本当は知っているはずだ。どこから来て、どこに向かうのか。くだらない常識を捨て去り、本来の自分の場所へ向かうんだ。

自分のエサくらい、自分で手に入れるぜ。俺はニワトリじゃないからな。

落とし穴を掘る人は、いずれ、自分がその穴に落ちることになる。落とし穴を掘る人は、いずれ、自分がその穴に埋められることになる。

邪悪な者よ。威張っているが、くだらない存在だ。おまえが大きい木なら、俺たちは小さな斧に過ぎない。でも、鋭い刃は、おまえらを、必ず切り倒すぜ。

終わることのない抑圧にうんざりしながら、光を見るために、太陽を見上げた。さぁ、もう一歩踏み出してみようか。

俺たちは、平和と愛を大切にしているだけ。それは、人間として自然な行き方だしね。

俺たちは、この時代を進んでいこう。誇りを持って。歌ってほしいんだ。この自由の歌を。俺が歌ってきたのは、すべて救いの歌なんだ。あなたにも一緒に歌ってほしい。この自由の歌を。

この時代、みんな自由だという人がいるが、本当は、貧しさにつながれている。みんな分からないのさ。金を作るだけの機械になっていることが。

輝きに包まれる朝。やるべきことを終え、人は故郷へと飛び立つ。

人間の偉大さは、どれだけ金持ちになれるかではなく、いかに誠実で、周りの人間にポジティブな影響を与えられるかどうかってことさ。

俺たちはポジティブだ。俺はポジティブなことに従事している。否定的なものは何から何まで完全に取り除きたいのだ。

政治家からはどんな世話も受けてはいけない。奴らは死ぬまで君を支配する。

自分の精神を解放できるのは、自分自身でしかない。

目を開いて自分自身を見つめろ。自分の生き方に満足しているか。

始まりは…嘆きさ。そう嘆きから始まったんだ。

たとえ何が起ころうと構わない。いま殺されてもいい。俺は人々のためにパフォーマンスをしているんだ。

自分のために生きてうぬぼれの中で死ぬか、他人のために生きてもう一度生きるのか。

毎日囚われの身として生きる人生なら、自由のために戦って死んだほうがマシだ。

道路が舗装されている場所では、正しい道なんか分からない。

人生は、無数の標識がある1本の道のようなもの。通るときは難しく考えないこと。憎しみ、悪意、嫉妬から自由になろう。信じたものをないがしろにしてはいけない。理想を現実にするんだ。目を覚ませ、生きろ!

起きろ、立ち上がれ、己の権利のために立ち上がれ。起きろ、立ち上がれ、戦うことをあきらめるな。

なんで、そんなに悲しんでるの?あきらめるのは、まだ早いぜ

自分のためだけの命なら俺は要らない。

彼女は完璧じゃない、君も完璧じゃない、だからいつまで経っても二人は完璧になれないかもしれない。

素直に笑おう、彼女が君を幸せにしてくれた時には。

伝えよう、彼女が君を怒らせてしまった時には。

君が一人の人間で間違いを犯すってことを受け入れてくれてるなら、彼女を離さず、君がしてあげられることをしよう。

人生っていうのは、一本の大きな道。多くのサインがあるが、誰かの前例や常識にとらわれて、混乱する必要はない。

時には誰かを騙せても、いつも、みんなを騙し続けることは出来ない。

やるんだ。本気でやるんだ。自分のやりたいことを。みんな、語ることばかりで実際にやる奴はほとんどいないから。

あんたは、いつまで、そこにしがみついてんだい。

子供たちの叫びに耳を澄ませ。彼らは、無意味に泣いているんじゃない。今、時代は変わろうとしている。これからのつぼみたちが、花を咲かせられる時代を取り戻そう。

この道の途中で、素晴らしい友達を持ち、素晴らしい友達を失った。辛い過去を、忘れろったって、無理さ。でも、未来は明るいんだ。さぁ、涙を拭いてごらん。

俺たちが、今の社会のシステムに抵抗しているんじゃない。今の社会をとりまく、システムっていうものが、人間の本来あるべき姿に逆らっているのさ。

俺は、あんたが、心の底から踊っているのを見たいんだ。

結局、皆がおまえを傷つけるんだ。だから、こいつのためなら苦しんでもいい、って思えるやつを探すのさ。

俺たちは、生き残る。この非人間的なテクノロジーの時代に生き残る。核の誤った考えの中で生き残る。原子力という過ちのエネルギーの中で生き残る。一生、危険に包まれる、この世界で生き残る。俺たちは、生き残る。

俺には、ひとつの野望しかない。ひとつだけ、どうしても見たい光景があるんだ。人類全てが共存している姿をね。黒人、白人、中国人、みんなだ。それだけさ。

この輝かしい未来で、過去を忘れてはならない。

俺は、ただ音楽をやっているだけだ。一度、その音楽を「レゲエ」と名付けてしまうと、ひとつの聴き方しかできなくなってしまう。音楽っていうのは、もっと幅広いもので、どこまでも広がっていくのさ。

俺たちは、拒否する。あんたらの言いなりになることを。俺たちは俺たち。やりたいようにやらせてもらう。何でも思い通りに教えこむことは出来ないのさ。

俺の歌を、頭で理解できようができまいが、そんなのどっちでもいい。ただ一緒に歌って、感じてくれればいいんだ。人々が求めているのは、美しさなんだから。

俺はあんたに愛をあげたい。素敵な素敵な愛をあげたいんだ。

入り込もうぜ、もっともっと。言いたいことは、言おうじゃないか。ウジウジしないで、目一杯やろうぜ。

誰もが自分の運命を決定する権利を持っている。

こんな明るい未来でも、過去を忘れることはできない。

俺に足がある限り、俺は歩みを止めるわけにはいかない

ルーツに戻るんじゃない。ルーツそのものになるんだ。

心配すんなよ。大丈夫。きっと、うまくいくさ。

生きている人生を愛し、愛すべき人生を生きよ

飢えた群衆は、怒れる群衆なんだ。

子供たちには、本当のことを伝えよう。

愛が無くなるなんてことはありえないさ。

Meigenbot

Meigenbot運営👍

Comments are closed