武田信玄

武田 信玄の名言集

戦国時代の武将、甲斐の守護大名・戦国大名。

甲斐源氏の嫡流にあたる甲斐武田家第19代当主。

諱は晴信、通称は太郎(たろう)。 「信玄」とは(出家後の)法名で、正式には徳栄軒信玄。1915年(大正4年)11月10日に従三位を贈られる。

甲斐の守護を務めた甲斐源氏武田家第18代・武田信虎の嫡男。

先代・信虎期に武田氏は守護大名から戦国大名化して国内統一を達成し、信玄も体制を継承して隣国・信濃に侵攻する。

その過程で越後国の上杉謙信(長尾景虎)と五次にわたると言われる川中島の戦いで抗争しつつ信濃をほぼ領国化し、甲斐本国に加え信濃、駿河、西上野および遠江、三河、美濃、飛騨などの一部を領した。

次代の勝頼期にかけて領国をさらに拡大する基盤を築いたものの、西上作戦の途上に三河で病を発し、信濃への帰還中に病没した。

View this post on Instagram

今日は、武田信玄氏の名言をご紹介します!😊 すべて見たい方はプロフィールリンクよりどうぞ…! ーーー 戦国時代の武将、甲斐の守護大名・戦国大名。 甲斐源氏の嫡流にあたる甲斐武田家第19代当主。 諱は晴信、通称は太郎(たろう)。 「信玄」とは(出家後の)法名で、正式には徳栄軒信玄。1915年(大正4年)11月10日に従三位を贈られる。 甲斐の守護を務めた甲斐源氏武田家第18代・武田信虎の嫡男。 先代・信虎期に武田氏は守護大名から戦国大名化して国内統一を達成し、信玄も体制を継承して隣国・信濃に侵攻する。 その過程で越後国の上杉謙信(長尾景虎)と五次にわたると言われる川中島の戦いで抗争しつつ信濃をほぼ領国化し、甲斐本国に加え信濃、駿河、西上野および遠江、三河、美濃、飛騨などの一部を領した。 次代の勝頼期にかけて領国をさらに拡大する基盤を築いたものの、西上作戦の途上に三河で病を発し、信濃への帰還中に病没した。 ーーー #Meigenbot #めいげんぼっと #武田信玄 #武田信玄ゆかりの地 #名言 #格言 #悩み #人生 #迷い #スッキリ #幸せ #心 #心理 #深層心理 #好調 #不調 #スポーツ #自己啓発 #ビジネス #勉強 #宗教 #名言シリーズ #名言セラピー #恋愛 #恋愛ポエム #恋愛相談 #経営 #マネジメント #コンサルティング #将軍

A post shared by Meigenbot / めいげんぼっと (@meigenbot_official) on

大将たる者は、家臣に慈悲の心をもって接することが、最も重要である。

自分のしたいことより、嫌なことを先にせよ。この心構えさえあれば、道の途中で挫折したり、身を滅ぼしたりするようなことはないはずだ

成せば成る、成さねば成らぬ、成る業を、成りぬと捨つる、人のはかなき。

三度ものをいって三度言葉の変わる人間は、嘘をつく人間である。

風林火山–疾すること火の如く、動かざること山の如し。

今後は、一人働きは無用である。足軽を預かっていながら独りよがりの行動をとれば、組の者は組頭をなくし、味方の勝利を失うことになるからだ。為せば成る為さねば成らぬ成る業を成らぬと捨つる人のはかなき。

一日ひとつずつの教訓を聞いていったとしても、ひと月で三十か条になるのだ。これを一年にすれば、三百六十か条ものことを知ることになるのではないか。

渋柿は渋柿として使え。継木をして甘くすることなど小細工である。

いくら厳しい規則を作って、家臣に強制しても、大将がわがままな振る舞いをしていたのでは、規則などあってなきがごとしである。人に規則を守らせるには、まず自身の言動を反省し、非があれば直ちに改める姿勢を強く持たねばならない。

武将が陥りやすい三大失観。一、分別あるものを悪人と見ること。一、遠慮あるものを臆病と見ること。一、軽躁なるものを勇剛と見ること。

百人のうち九十九人に誉めらるるは、善き者にあらず。

勝敗は六分か七分勝てば良い。八分の勝ちはすでに危険であり、九分、十分の勝ちは大敗を招く下地となる。

晴信をもって申すべし。時と場合によって自らその覚悟をする。

信頼してこそ人は尽くしてくれるものだ。

負けまじき軍に負け、亡ぶまじき家の亡ぶるを、人みな天命と言う。それがしに於いては天命とは思はず、みな仕様の悪しきが故と思うなり。

晴信の弓矢は欲のためではなく、民百姓を安楽にするためだと民に知らせれば、わしが軍を進めるのを待ち望むようになる。

戦いは四十歳以前は勝つように、四十歳からは負けないようにすることだ。ただし二十歳前後は、自分より小身の敵に対して、負けなければよい。勝ちすぎてはならない。将来を第一に考えて、気長に対処することが肝要である。

渋柿を切って甘柿を継ぐのは小心者のすることだ。国持ち大名にあっては、渋柿は渋柿として役に立つものだ。

勝負の事、10分を6分、7分の勝は10分の勝なり。子細は8分の勝はあやふし。9分、10分の勝は、味方大負の下地なり。

我が国を滅ぼし、我が家を破る大将、四人まします。馬鹿、利口、臆病、そして四番目は強すぎる大将なり。

自分が死した後は上杉謙信を頼れ。また三年間を喪を秘せ。

大将が善であれば、その部下も善である。上下ともに正しければ、戦いに勝ち、世の中に名前を知られるようになる。しかし、その器にもなく名声を好むことは、恥の根本である。

鏡で物を見るように、大将の私心をなくすがよい!

負けるはずのない戦いに負け、亡ぶはずのない家が滅ぶのを、人はみな天命と言う。自分はそれを天命とは思わない。すべてやり方が良くなかったためだ。

負けることのない戦いに負け、滅ぶことのない家が滅ぶのを、人はみな、天命と言っている。自分は天命とは思わず、みなそのやり方が悪いためであると思う。常々やり方をよくしておれば、負けることはあるまい。

100人のうち99人に誉められる者は、決していい人物ではない。

甘柿も渋柿も、ともに役立てよ。

人を使うのではなく、その人の技を使うのだ。

五分の勝ちであれば今後に対して励みの気持ちが生じ、七分の勝ちなら怠り心が生じ、十分つまり完璧に勝ってしまうと、敵を侮り驕りの気持ちが生まれる。

人材こそが強固な守りになる。情けは人の心をつなぐ事が出来る。しかし仇が多ければ結局は国を滅ぼす事になる。

戦は40前は勝つように40すぎたら負けないようにするべきだ。

何もかもが思うようにいかない。

一生懸命だと知恵が出る、中途半端だと愚痴が出る、いい加減だと言い訳が出る。

強いところはよく強くし、弱いところはより弱くするのがよい!それは強いはもろいの裏返しで、弱いは柔軟の裏返しであるからだ。

過ちが有りながら拾った勝ちは、やがては敵の勝利につながる!

大将は同じようなタイプの人を好んで使うことを避けなければならない!

やればできる!やらなければできないことをできないと諦める人は残念だ!

大将があまりに怒らなければ、家臣は油断をするものだ。

およそ戦というものは、五分をもって上とし、七分を中とし、十分をもって下とす。五分は励みを生じ、七分は怠りが生じ、十分は驕りを生ず。

人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり。

我、人を使うにあらず。その業を使うにあり。

人間にとって学問は、木の枝に繁る葉と同じだ。

もう一押しこそ慎重になれ。

老人には経験という宝物がある。

厠を山と言う呼ぶのは、山には草木が絶えぬから。

鬼をもあざむくほどの彦六が、あんな小男に討たれたのは、武運が尽きたのである。前々から、組み打ちの勝負次第で決着をつけると約束した以上、川中島のことは約束通りにしなければいけない。違約は武士として恥じるべき事、君子に二言はない。川中島四郡は今日より上杉家に差し上げよう。

六分七分の勝ちは十分の勝ちといっていい。八分の勝ちは危険の兆候。九分十分の勝ちは味方大敗の下地になる。

弓矢の儀、取様の事、40歳より内は勝つように、40歳より後は負けざるように。

組織はまず管理者が自分を管理せよ。

武将の陥りやすい三大失観。

もし、鳩が来ないときは危うい戦になる。

源四郎、明日は瀬田に旗を立てよ。

Meigenbot

Meigenbot運営👍

Comments are closed