ナポレオン

ナポレオン・ボナパルトの名言集

革命期のフランスの皇帝・革命家である。

ナポレオン1世(フランス語: Napoléon Ier、在位:1804年 – 1814年、1815年)としてフランス第一帝政の皇帝にも即位した。

フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立した。

大陸軍(グランダルメ)と名づけた巨大な軍隊を築き上げてナポレオン戦争を引き起こし、幾多の勝利と婚姻政策によって、イギリス、ロシア、オスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いたが、最終的に対仏大同盟との戦いに敗北し流刑地のイギリス領セントヘレナにて没した。

勝利はもっとも耐え抜いた者にふさわしいものである。

不可能は、小心者の幻影であり、権力者の無能の証であり、卑怯者の避難所である。

この世において成功したければ、他人よりそんなに賢い必要はない。ただ大抵の人より一日早ければ良い。

強い人が勝つとは限らない。素晴らしい人が勝つとも限らない。私はできる、と考えている人が結局は勝つのだ。

私は何か問題を考えたいとき、心の引き出しを一つ開ける。問題が解決するとその引き出しを閉め、また次には別のを開ける。眠りたいときには全部の引き出しを閉める。

不可能という文字は、愚か者の辞書にしか存在しない。

苦しみに耐えることは、死ぬよりも勇気がいる。

人間を動かす二つのテコは恐怖と利益である。剣と精神の力である。そして最後は、精神が必ず剣に打ち勝つ。

優れた能力も機会を捉えられなければ、役には立たない。

私は重大な状況において、ほんのちょっとしたことが、最も大きな出来事をつねに決定するのを見た。

予の辞書に不可能ということばはない。私には、やってできないことはひとつもない。もし、自分自身の辞書があったとしたら、その中に不可能などという言葉は入っていないはずだ。

他人の力を頼りにしてはいけない。頼るべきものは、ただ己の力のみである。

じっくり考えろ。しかし、行動する時が来たなら、考えるのをやめて、進め。

勝利は、もっとも忍耐強い人にもたらされる。

人間は、その想像力によって支配される。

兵士諸君、ピラミッドの頂から、四千年の歴史が諸君を見つめている。

人間を動かす二つのてこは、恐怖と利益である。

死ぬよりも苦しむほうが勇気を必要とする。

生きている兵卒の方が、死んだ皇帝などよりもずっと価値がある

人生という試合で最も重要なのは、休憩時間の得点である。

リーダーとは「希望を配る人」のことだ。

戦闘の翌日に備えて新鮮な部隊を取っておく将軍はほとんど常に敗れる。

約束を守る最上の方法は、決して約束しないことだ。

玉座とはビロードで覆われた長椅子に過ぎない。

宗教は、貧しい者が金持ちを殺害することをおもいとどまらせる

死ぬことは何でもない。しかし征服されて、名誉を失ったまま生き長らえるのは、毎日死ぬようなものだ

深く考えるときは時間をかけろ。しかし、戦いが始まったら考えることをやめ、戦え。

愚人は過去を語り、狂人は未来を語る。しかし賢人は現在を語る。

兵法に複雑な策略などはいらない。最も単純なものが最良なのだ。偉大な将軍達が間違いを犯してしまうのは、難しい戦略を立て、賢く振る舞おうとするからだ。

会議を重ねすぎると、いつの時代にも起こったことが起こる。すなわち、ついには最悪の策が採られるということである。

幸福とは、その人間の希望と才能にかなった仕事のある状態をさす。不幸とは、働くエネルギーがありながら、無為な状態にあることをさす。

世界には二つの力しかない。剣と精神の力である。そして最後は、精神が必ず剣に打ち勝つ。

欲しいものは何でも私に言うがいい。ただし時間以外だ。

一頭の狼に率いられた百頭の羊の群れは、一頭の羊に率いられた百頭の狼の群れにまさる。

お前がいつの日か出会う禍は、お前がおろそかにしたある時間の報いだ。

悪い連隊はない。悪い大佐がいるだけだ。ただちに大佐のクビを切れ。

真の英雄とは、人生の不幸を乗り越えていく者のことである。

有能の士は、どんな足枷をはめられていようとも飛躍する。

逆境には必ずそれよりも大きな報酬の種が隠されているものだ。

大多数の人間が失敗するのは、失敗した計画に勝る新しい計画をたてるだけの粘り強さに欠けるからである。

幸せは香水のようなもの。他人にふりかけようとすると自分にも2、3滴ふりかかる。

一歩一歩這い上がるのは冒険家ではなくて、幸福を追っかけている男のすることだ。

一地域で作戦する軍隊を二人の名将に分けて指揮させるよりは、むしろ一人の凡将に統一指揮させる方がよい。

恋愛を前にした時のただひとつの勇気は、逃げることである。

戦闘の翌日に備えて新鮮な部隊を残しておく将軍は、常に敗れる。必要とあれば、最後の一兵まで投入させなければならない。なぜなら、完全な成功の翌日は、もはや我々の前に障害はないからだ。

指揮官たる一人の愚将は、二人の良将に匹敵する。

人は、まとった制服のしもべとなる。

戦争においては、一つの大きな失敗があると、常に誰かが大きな罪ありとされる。

指揮の統一は戦争において最も重要なものである。二つの軍隊は決して同じ舞台の上におかれてはならない。

決して落胆しないこと。それが将軍としての第一の素質である。

生きたいと思わねばならない。そして、死ぬことを知らねばならない。

人は彼の妻、彼の家族、それに彼の部下に対する行為で判断される。

最も大きな危険は、勝利の瞬間にある。

最悪の策とは、ほとんど常に、もっとも臆病な策である。

戦いの結果は、最後の5分間に決まる。

結婚して幸福になるには、汗の苦労を絶えず分かち合わねばならない。

人生はとるに足りない夢だ。いつかは消え去ってしまうのだ。

へつらうことができる者は、中傷することもできる。

冷静であることが、指揮者の最も重要な資格だ。

ほとんどの戦いの勝敗は、最初の一発が撃たれる前にすでに決まっている。

環境など何でもない。環境とは、自分でつくり出すものだ。

あの子がどんな人から教えられても、もし心に善に対する愛が燃えていなければ何の役にも立つまい。この聖火のみが偉大な仕事を成しうるのだ。

状況?何が状況だ。俺が状況をつくるのだ

欲しいものは私に何でも言うが良い。ただし、時間以外だ。

敵が間違いを犯している時は、邪魔するな。

勇気は愛のようなものである。育てるには、希望が必要だ。

敵意のある四つの新聞は、千の銃剣よりも恐ろしい。

手の内がわかってしまうので、同じ敵とは何度も戦いたくない。

華々しい勝利から没落への距離は、ただ一歩にすぎない。

勝利は、わが迅速果敢な行動にあり。

作戦計画を立てることは誰にでもできる。しかし、戦争をすることのできる者は少ない。なぜなら、できごとと状況とに応じて行動するのは、軍事的天才でなければできないことだからである。最上の戦術家が将軍として、ともすれば凡庸であったりするのはそのためである。

財産の不平等は宗教なしには成立しない。

子供の将来は、その母の努力によって定まる。

リーダーは負けてもいいが、不意を突かれてはならない。

我輩の辞書に不可能という文字はない。

時代とは、人間の偉大な芸術である。

戦術とは、一点に全ての力をふるうことである。

私はつねに、ニ年先のことを考えて生きている。

Meigenbot

Meigenbot運営👍

Comments are closed